9万円のホテルに無料で泊まる方法!

ANAマイルとJALマイルの有効期限を延長/無期限にする10の方法

ANA/JALマイルの有効期限を延ばす方法

マイルを貯めている方なら、誰しもその有効期限は気になるところだと思います。日本の方であれば、やはりANAJALの2大エアラインのマイレージ・プログラムを利用しているケースが多いでしょうから、今回の記事では、それぞれの有効期限を延ばす手段についてご紹介します。

トート

こんにちは、トートです。ところで、一般的にクレジットカードやフライトでマイルを貯めている人と、当ブログでふだんからご紹介しているようないわゆる陸マイラーとでは、「マイルの有効期限」が持つ意味がかなり異なります。

前者の場合、長い時間をかけて、数年がかりで数万マイルを積み上げて、目標に届かないまま、失効を迎えるマイルが出てきた、さてどうしよう――このようなケースが少なくないと思います。

対して、陸マイラーの場合は、毎年、20〜30万単位でマイルが増えていきますから、マイルが貯まりすぎて使いきれず、失効する懸念がでてきます。30万マイルといえば、ビジネスクラスでは北米やヨーロッパに3回往復、ファーストクラスでも2回往復できる額です。エコノミーなら実に7往復。それが毎年貯まっていくとしたら、使い切れるでしょうか?

参考までに、わたしの現在の保有マイルはANA/JALともに70万マイル程度です。どちらも有効期限が3年間であることを考えると、けっこう使い道には頭を悩ませています……贅沢な悩みではあるのですが、本気で貯めるとこれくらいいってしまうのですよね。

海外への出張なんて年に一回あるかないかというわたしのような人間でも、これだけ貯めています。ANAマイル・JALマイルを貯める方法については以下の記事をご覧ください(初めての方はANAマイルを貯める方が簡単なのでおすすめです)。

ANAマイルの貯め方①100万マイルを貯めて48ヶ国を旅した方法 JALマイルの貯め方と貯める方法 大量JALマイルを貯める方法! 初心者必見のJALマイルの貯め方と陸マイラー的裏技!

「自分も貯めはじめたけど、まだまだそんなに貯まらないよ」という方もいるかもしれませんが、わからないですよ? とくにマイル活動をはじめて数年間は爆発的な勢いでマイルが増えていきますから、いかに利用するかについても、よく考えておかなければいけません。その保険としても、マイルの有効期限を延ばす方法について見ておきましょう。

ANAマイレージ・クラブの有効期限3年を延長する方法

ANAのマイル・プログラムの名称は「ANAマイレージ・クラブ」。その有効期限は 36ヶ月です(積算された月から3年後の月末に失効となる)。原則として、延長は認められていません。ただ、「原則として」とあるように、有効期限を延長する方法がいくつか存在します。これを順番に見ていきましょう。

  1. 「ANA SKYコイン」へ交換する
  2. 「ミリオンマイラー」ステータスを獲得する
  3. 「ダイヤモンドサービス(DIA)」ステータスを獲得する
  4. 逆ソラチカルート:メトロポイントへ逆流させる

1. ANAマイルからANA Skyコインへ交換する

厳密にはマイルの有効期限を延ばす方法ではないのですが、まずはここから見ていきましょう。というのは、本家ANAの公式サイトにおいて、有効期限を迎えて失効寸前のマイルの利用先として、Skyコインへの交換をすすめているからです。

Skyコインとは?

Skyコインとは、ANAが販売する航空券・ツアー・ホテル宿泊等に現金と等価で充当できる電子ポイントのようなものです (10 ANA Skyコイン=10円) 。詳しくはこちらの記事に書いたのですが、ANAマイルを最大1.7倍のレートでSkyコイン化することが可能です。

ANAマイルおすすめの使い方 2018年版ANAマイルおすすめの使い方と一番お得な特典交換先! マイルの価値を高めるおすすめの使い道を紹介

10,000マイルであれば、最大17,000円相当のSkyコインに交換できます。Skyコインは発行から12ヵ月後に失効を迎えるため、期限切れしそうなANAマイルを緊急避難的にコイン化すれば、有効期限を1年間延ばすことが可能です。とはいっても、10Skyコインよりも10マイルの方がはるかに価値は高いですから、他に打つ手がない場合の最終手段といえるでしょう。

なお、同じような使い方ができる「ANAご利用券」にマイルを交換することも可能ですが、その交換レートは1倍とSkyコインよりはるかに低いため、お勧めはできません。

2.「ANAミリオンマイラー」ステータスで有効期限がなくなる

これは正直いって、現実的ではありません(笑)。ANA便に搭乗すると、その度に、区間基本マイルがベースとなるライフタイム(LT)マイルを加算できます。「ミリオン」の名のとおり、100万LTマイルを達成すると、保有マイルが永久に失効しないステータスを獲得できます。

f:id:Tort:20160828200746p:plain

▲到達するごとにもらえるタグ。200万LT以上でもらえる特典1はANA SUITEラウンジの永久使用権

ただ、ANAが就航している路線としては最長距離である東京-ニューヨーク間であっても、区間基本マイルは6,737です。東京-ニューヨーク74往復に相当する距離を飛ばなければ、ミリオンマイラーには到達できません。単純計算で1往復10万円としても740万円です。実際には1,000万円にせまる額となるでしょう。仕事でフライトする方でなければまず不可能ですね。

特典航空券でもライフタイムマイルは貯めることが可能

ただし、特典航空券を利用した場合(つまりお金が基本的にかからないフライト)でも、事後申請すればライフタイムマイルは登録することが可能です。事後申請のため、意外と忘れてしまいがちなんですよね。登録期限は搭乗後6ヶ月までとなっているので、お忘れなく!

確認書類として、以下のものが必要です。

  • 国内線・・・
    「搭乗券」、「保安検査証」、「ご搭乗案内」のいずれかの用紙 (原券)
    ANAマイレージクラブお客様番号、氏名を明記したメモ
  • 国際線・・・
    eチケット控え(航空会社および旅行会社などで発行される、航空券番号・運賃情報・予約クラスなどが明示された証票)または航空券のお客様控え(コピー可)
    搭乗券(原券)
    ANAマイレージクラブお客様番号、氏名を明記したメモ
参考 ANA国内線マイルの事後加算方法 参考 ANA国際線マイルの事後加算方法

それぞれ上記サイトから申請できますが、個人的には電話が一番楽かなという気がしています。

3.「ダイヤモンドサービス(DIA)」ステータスで有効期限が延びる

ANAの上級会員であるダイヤモンド(DIA)ステータスを保有している限り、マイルは失効しません。DIAステータスを失うと、そこからさらに3年後が保有マイルの失効月となります。

f:id:Tort:20160802225109p:plain

今、わたしはちょうどSFC修行の最中なのですが、これを完了するとプラチナステイタスを獲得できます。それを上回るのが、ダイヤモンドステイタス、DIAです。これを達成するには、100,000プレミアム・ポイントが必要となります。SFC修行の倍ですから、約100万円の出費が必要となります。これもなかなか現実的とはいえませんね。

▲プラチナステイタスまでならほぼ無料で達成可能です

4. 逆ソラチカルート:ANAマイルからメトロポイントへ逆流させる

これも陸マイラーならではの方法です。通常、ソラチカはメトロポイント→ANAマイルへの一方通行しか使いませんが、それを逆流させる、つまりANAマイレージをメトロポイント化することで、最大4~5年間、失効を先延ばしにできます。ソラチカルートとメトロポイントの有効期限についてはこちらの記事に詳しいです。

30万ANAマイルの貯め方③ 「ソラチカ」全解説と最適交換ルート

メトロポイントからANAマイルへは、毎月20,000ポイントまでしか移せません。いわゆるソラチカルートのボトルネック問題です。しかしANAマイル→メトロポイントの場合、このような制限は存在しません。失効しそうなマイルは上限なくソラチカへ移行できます。

ただし、この手法にもデメリットはあります。まず、メトロポイント→マイルへと再マイル化をする際にも0.9がけとなるので、元のマイルから10%目減りしてしまいます。とはいえ3年間延長の手数料として考えれば、納得いく範囲かとは思います。

f:id:Tort:20160828202139p:plain

再マイル化にかかる時間とメトロポイントの有効期限には要注意

もう一点、気をつけなければいけません。ただでさえマイル渋滞を起こしがちなソラチカルートなので、逆流させるタイミングはよく考えた方がよいでしょう。メトロポイントの有効期限は、上の記事で詳しく書きましたが、最長でも2年です。24万メトロポイントを超えると、再マイル化が間に合わず、失効する恐れが出てきます。

それでもダメなときは? 特典航空券を発行してしまう!

海外特典航空券を発券できるだけのマイレージが貯まっている場合は、355日先のチケットを発券してしまうのも手です。ほぼ一年間の猶予がありますから、その間に、休暇等にあわせて、フライトの日付変更を行ないましょう(ただし路線・行き先の変更はできません)。

国内便は、2018年後半の新たなルールにより、最大で半年先までの予約が可能になりました。しかしさらにそれよりも予約期間を伸ばしたり、必要マイルを減らすことができる裏技については、次の記事にまとめましたのでご覧ください。

ANA国内線特典航空券予約 2018年版 ANA国内線特典航空券 予約の取り方とお得な裏技まとめ!取れない時こそ役立つ特典チケットの予約方法

そのなかでも、できればファーストクラスやビジネスクラスを発行したいですね。

ビジネスクラスのサービスは何が違う?ANAスタッガードシート搭乗記

JALマイレージバンク

続いて、JALのマイル、「JALマイレージバンク」について見てみましょう。JALの場合、次の2点が大きくANAと異なります。

  1. eJALポイントに有効期限が実質的に存在しない
  2. ソラチカルートが存在しない

とくにソラチカルートがないのはかなり大きな違いとなっています。なお次の記事では、JALマイルの価値を元に、お得なJALマイルの交換先を考察しています。

JALマイルおすすめの使い方とお得な交換先!一番価値のある特典は?

1. eJALポイントにすると有効期限が無限に延長できる

ANA Skyコインに該当するのがJALのeJALポイントです。同じように電子マネーのような形で、JALが販売する航空券や各種ツアーに現金相当で充当できます。

eJalポイント

JALマイレージバンク – 知らないと損!e JALポイント

Skyコインとの大きな違いは二点あり、まず、JALマイル→eJALポイントへの交換レートは一律となっています。Skyコインの場合、会員ステータスや保有クレジットカードにより1~1.7倍と交換レートが異なりますが、JALでは一律1.5倍と決められています。その意味では、比較的容易に1.6倍のレートで移行できるANAの方が、お得ではあります。

しかしポイントの有効期限に関しては、JALに軍配が上がります。eJALポイントの有効期限は一年間ですが、JALマイルからeJALポイントへ追加交換をすると、保有する全eJALポイントの有効期限が一年間延長されるのです。

トート

したがって、eJALポイントには有効期限は実質的に存在しないも同然です

ただし、交換単位が最低10,000マイルとなっているため、それなりにマイルを貯めていないと交換自体ができない点には注意しましょう(*JALカードを保有している場合には3,000マイルから交換可能。後述するClub ESTでは100マイルを100 eJALポイントへ交換可能)。

eJALポイントのデメリット:ソラチカルートが存在しない

これは実に痛いです。JALにソラチカルートが存在するならどれだけの人が歓喜の涙を流すでしょうか。マイルを貯める上で、難易度というか効率が桁違いですからね。

存在しないものは仕方がないので、代替手段を考えてみましたが、やはり現実的には厳しいです。ANAでソラチカへ逆流させる場合、0.9がけで再マイレージ化が可能ですが、JALでは0.5~0.6倍まで目減りしてしまいます。

2.ミリオンマイラー”JGC Five Star”でJALマイルを無期限に

ここからご紹介するのは正攻法で、公式にマイレージの有効期限を延長する方法です。残念ながら、かなりハードルは高くなってしまいます。まずはJALのミリオンマイラーです。

JALグループ利用により1,000,000マイルを達成するとマイルの有効期限がなくなる「JGC Five Star」ステータスを獲得できます。実はこのステータスの特典は非公開となっているのですが、ANAとの違いで言えば、自分が所有するマイレージを家族に譲渡できる点や、家族をJGC本会員として招待できる点があげられます。とはいえこちらも目指してなれるものではありません。ANA同様、1,000万円にせまる費用が必要となります。

そしてここがANAとの大きな違いですが、JALの場合は特典航空券ではいわゆるライフタイムマイルは貯まりません。残念です。

3.JMBダイヤモンド・JGCプレミア以上で有効期限が延びる

JGCプレミア

ステータス 加入条件 マイル有効期限
JMBダイヤモンド会員 100,000FOP以上 無期限
JGCプレミア会員 80,000FOP以上かつJGC会員 無期限

加入条件にあるFOPとはFly On Pointの略で、簡単に言うと、有料チケットでJALグループ便ならびにワンワールドアライアンス加盟航空会社便に搭乗すると貯まるポイントです(ANAで言うプレミアム・ポイント)。

一年間で一定のポイント数に達するごとに、ステータスがランクアップします。80,000FOPポイント以上を稼いでダイヤモンド/プレミア・ステータスを維持している限り、マイレージは失効しません。言うまでもなくこの資格を手に入れるのも容易なことではありませんが、いわゆる修行によってギリギリ手が届く範囲かとは思います。

4.JALカード特典でマイル有効期限を延長する

jal-club-est

JALの場合、クレジットカードの特典として、マイルの期限延長を提供しているのが面白い点かと思います。ANAでは、マイル化する前であれば、期限なしのポイントとしてクレジットカードに貯めておく技はあるのですが、カードの特典としてマイル自体の有効期限を延ばすようなものはありません。

種別 入会資格 マイル有効期限
JAL CLUB EST 会員 20歳代のJALカード会員のみ 60ヶ月に延長
JAL カード navi 会員 18歳〜30歳未満の学生のみ 無期限
JMB G.G WAON会員 55歳以上のみ 60ヶ月に延長

ただし、上記のとおり入会条件が年齢で区切られているので、誰しもが使えるわけではなく、しかもボリュームゾーンの大きい30-40代の方は対象外です。うまいこと設定されていますよね……。マイレージの有効期限を延長するというのは、それだけエアライン側からすると負担が大きいのでしょうね。

とくにCLUB ESTなどは有効期限以外の特典も充実しているので、JAL便をよく利用する20代の方であれば十分検討に値すると思います。ただし、JALカードの年会費に加えてCLUB ESTの年会費(5,400円)がかかることにも留意してください。搭乗回数が少ない場合は宝の持ち腐れになってしまいます。

その他おすすめのJALカードについては以下の記事に詳しいです。

オススメのJALカードを還元率で比較!一番マイルが貯まる一枚とは?

5.特典航空券を手配してしまう

ANAの場合とほぼ同じ説明ですが、国際線では一年間、国内線なら90日先までのチケットを発行可能です。とくに国際線の場合、とりあえず発券しておいて、予定や休暇にあわせてフライト日時を変更することで、一年間の猶予が生まれます。

残念ながら、2018年末に導入されるJAL国際線の新ルールによって、特典航空券の日程変更が不可になってしまいました。これは大変痛いです。特典航空券の大きなメリットだったのですが……残念ですね。新たな制度「JAL国際線特典航空券PLUS」については次の記事で詳しく解説しています。

JAL国際線特典航空券PLUS JALマイルの使い方:新ルール「国際線特典航空券PLUS」は改悪か?

そうはいっても、マイルの有効期限が迫っている場合、一番お得に使えるのが特典航空券の発券であることには変わりません。とくにJALマイルの場合は、世界で最も豪華なエアラインのひとつであるエミレーツ航空のファーストクラスに搭乗するのがおすすめです。わたしの搭乗レポートは次の記事をご覧ください。

エミレーツ・ファーストクラス搭乗記 エミレーツファーストクラス搭乗記 A380と777の違い・機内食とシャワー

また、エミレーツ以外でもJALマイルを使って乗ることができる日本発着ファーストクラス路線もまとめています。

JALマイルで乗れるファーストクラス JALマイル特典で予約可能な日本発ファーストクラス国際線全路線!

番外編:ANA/JALマイル有効期限を無期限にする裏技

マイルを貯める際にクレジットカードのポイントを移行するのはみなさんご存知の方法ですよね。これを応用して、いったんクレジットカードのポイントとして貯めておくという技もあります。うまくコントロールすれば、必要なときに必要なだけ、クレジットカードのポイントをマイル化することも可能です。

とくにポイント自体に有効期限がないクレジットカードであれば、実質的にマイル有効期限をなくすことが可能です。年会費10万円以下のANAカードでは次のものが該当します。

カード名 年会費 マイル還元率
ANAアメリカン・エキスプレスカード 7000
(マイル移行コース6,000円)
1%
ANAダイナースカード 27,000 1%
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,000 1%
SPGアメックス・カード 31,000 1.25%

なぜANAカードだけをあげたのかといえば、JALカードの場合は、残念ながら直接JALマイルとして付与されるので、クレジットカードポイント→マイルというワンクッションを入れることができないんです(一部ではできますが、極めて交換レートが悪いので使う意味がありません)。

JALマイルも実質無期限に延長することができるSPGアメックス

ただし、表の一番下にある「SPGアメックス」こと、スターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードだけは例外です。長い名前ですね。実はこれ、ANAカードではありません。SPGとは世界最大のホテル・グループのマリオットホテルに属するホテルチェーンです。

冒頭でご紹介した何十万マイルも貯めているような陸マイラーの大半がメインカードとしているのが、このSPGアメックスです。もちろんわたしもすべての決済をこのカードに集中させています。なぜなら、まずマイル還元率からしても1.25%と高いです。JALカードはマイル還元率1%です。

それに加えて、ANA・JALを含む20以上の世界中の航空会社にマイルを移行することができるんです。この使い勝手は想像以上です。実際、わたしはこのSPGアメックスからのポイント移行で格安でのビジネスクラス/ファーストクラス体験もしています。

jal特典航空券ビジネスクラス JALビジネスクラス特典を7割引で予約!アラスカマイルの使い方 UAマイレージプラスの使い方・格安でファーストクラス特典に乗ろう!

これに加えて、SPGアメックスの魅力といえば、ハイシーズンであれば10万円にせまるような高級ホテルに無料宿泊できる特典があるんです。年会費は31,000円と決して安くはありませんが、この特典によって十分に元が取れます。

海外旅行保険も充実しているので、旅行好きの方にはとてもオススメの一枚です。SPGアメックスにご興味のある方は、次の記事で詳しくご紹介していますのでどうぞ。

SPGアメックス/Amexで9万円のホテルに無料宿泊!特典とメリットを解説 SPGアメックス紹介入会キャンペーンで特典増量!

まとめ ANAとJALのマイル有効期限を延長する10の方法

このようにANAとJALマイルの有効期限を延ばす方法をあわせて10個、そしてクレジットカードを使った裏技を見てきました。あらためて整理してみます。

ANAマイルの有効期限を延ばす方法
  1. 「ANA Skyコイン」へ交換する
  2. 「ミリオンマイラー」ステイタスを獲得する
  3. 「ダイヤモンドサービス」ステイタスを獲得する
  4. 逆ソラチカルートを使う
  5. 特典航空券を発行する
JALマイルの有効期限を延ばす方法
  1. 「eJALポイント」へ交換する
  2. 「JGC Five Star」ステイタスを獲得する
  3. 「JMBダイヤモンド・JGCプレミア」会員となる
  4. JALカード特典を利用する
  5. 特典航空券を発行する
裏技
ポイント無期限のクレジットカード、とくにSPGアメックスを活用する

こうして見ると、正攻法で上級会員になることを除けば、正直言っていずれの手法も「苦肉の策」といった感がぬぐえません。まぁ、基本的には失効が迫っている際の応急措置ですから、仕方がないのですが。

どんどんマイルが貯まっていく陸マイラーの場合は、マイル獲得にあたってのコストと、利用する際のマイル単価を念頭において、マイレージの出口戦略についても常に意識しておくことが大事かと思います。せっかく貯めたマイル。失効することがないよう、打てる手は打っておきましょう。トート(@Tort_100)でした!

おすすめ記事

ANAマイルの貯め方①100万マイルを貯めて48ヶ国を旅した方法 JALマイルの貯め方と貯める方法 大量JALマイルを貯める方法! 初心者必見のJALマイルの貯め方と陸マイラー的裏技! JALチケットを安く買う方法 JAL航空券を公式サイトより安くお得に買う方法 オススメのJALカードを還元率で比較!一番マイルが貯まる一枚とは? 覆面モニター調査とは?食事アンケートで大量ANAマイルを貯める方法! SPGアメックス/Amexで9万円のホテルに無料宿泊!特典とメリットを解説 JALマイルおすすめの使い方とお得な交換先!一番価値のある特典は? JALマイル特典航空券で200万円のエミレーツ・ファーストクラスを発券する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です