9万円のホテルに無料で泊まる方法!

JALマイル世界一周ワンワールド特典航空券の予約ルール完全解説!必要マイルやおすすめルートも

JALマイル世界一周

先日、ほぼ全線ファーストクラスという旅程を組んで、JALマイル世界一周特典チケットを発券しました。今回の記事では、その際に学んだワンワールド特典航空券の予約ルールや発券方法、ルート作りの注意点やこつをまとめています。

トート

こんにちは、トートです。実は世界一周特典航空券は、JALマイルの「ワンワールド特典航空券」と同義なので、今回の記事は後者の解説としても読んでいただけます。

実際に発券したチケットとJALマイルの貯め方に関しては、次の記事にまとめています。

JALマイル・ファーストクラス世界一周JALマイルで430万円のファーストクラス世界一周ワンワールド特典航空券を予約した方法と失敗談 JALマイルの貯め方と貯める方法大量JALマイルを貯める方法! 初心者必見のJALマイルの貯め方と陸マイラー的裏技!

目次

ANAなら「世界一周特典航空券」があるがJALにはない

いきなりですが、JALマイルを使う場合、ANAにあるような「世界一周特典航空券」は存在しません。有償のワンワールド世界一周チケットならあるのですが。

有償のワンワールド世界一周チケットの価格

ワンワールドの有償世界一周チケットは距離制の「グローバル・ワンワールド・エクスプローラー」と、訪問大陸制の「one worldエクスプローラー」2種類があります。その運賃は、おおよそ以下の通り。訪問大陸制の場合の価格です。

訪問大陸数 エコノミー ビジネス ファースト
3 335,000円 656,300円 1,003,300円
4 354,600円 780,400円 1,182,500円
5 418,800円 895,200円 1,370,200円
6 485,000円 978,200円 1,495,100円

スターアライアンス世界一周チケットの場合もそうでしたが、けっこう良心的な値段設定だと思います。とくにファーストクラスは、通常の往復チケットが2,000,000円することを考えれば破格だと思います。ビジネスクラスもコスパがいいですね。

が、しかし、繰り返しになりますがJALマイルの場合は、この制度を利用できません。

ANAマイル世界一周特典航空券

ANAマイルを使う場合には、公式に世界一周特典航空券を利用できます。わたしもビジネスクラス世界一周チケットを発券しました。ANAマイルを使った世界一周特典については、以下の記事で詳しく解説しています。

anaスターアライアンス世界一周おすすめルートANA/スターアライアンス世界一周のおすすめルート!特典航空券の必要マイルとチケット価格も比較 ANAマイル世界一周予約ルール【ANAマイル世界一周特典航空券】予約・発券ルール完全解説!必要マイルとルート、ビジネスとファーストも比較 ANA世界一周特典航空券の旅【ANAマイル世界一周特典航空券】発券報告!マチュピチュ/ウユニ/ガラパゴス等南米旅行がお得に!ANAマイルお勧めの使い方

トート

では、有償チケットも世界一周チケットもないJALマイルの場合はどうしたらよいでしょうか? 答えは「自分で勝手に作ってしまう!」です

JALマイル「ワンワールド特典航空券」を利用する

JALマイルの国際線特典航空券には、3つのタイプがあります。

JAL国際線特典の種類
  1. JAL国際線特典航空券・・・JAL便のみを利用可
  2. JMB提携航空会社特典航空券・・・提携航空会社1社のみを利用可
  3. ワンワールド特典航空券・・・ワンワールド加盟便を利用可

①と②では、それぞれ1社ずつしか利用できないので、物理的に、世界一周することは不可能です。地球の全域をカバーする航空会社なんて存在しませんからね。したがって世界一周を組む場合、必然的に③「ワンワールド特典航空券」を利用することになります。

なお②JMB提携航空会社特典航空券は、JALマイルのもっともおすすめの交換先としても名前が挙がることの多いエミレーツ航空が含まれています。残念ながらワンワールド所属ではないので、世界一周する際には利用できません。

JALマイルでエミレーツを予約JALマイルでエミレーツの特典航空券を予約する方法・2018年版 エミレーツ・ファーストクラス搭乗記エミレーツファーストクラス搭乗記 A380と777の違い・機内食とシャワー

JALマイル ワンワールド特典航空券とは? その特徴

JALマイルのワンワールド特典航空券は、その名の通り、JALも加盟しているアライアンス「ワンワールド」の航空会社を(ほぼ)自由に利用して旅程を組むことができるチケットです。ざっくりと先に説明しておくと、以下のようなルールがあります。

  • 最大8区間までの旅程を組むことが可能
  • 途中降機(ストップオーバー)は7回まで可能
  • 地上移動は1回まで可能
  • 日数制約なし
  • 片道発券可能(出発国に戻る必要なし)

ANAマイル世界一周特典のルールとくらべると、かなり異なる点が多いです。それはメリットにもなり、またデメリットにもなりえます。のちほど詳しく解説しますね。

利用可能なワンワールド加盟航空会社

ワンワールド特典では、下記の航空会社の便を利用可能です。

地域 エアライン
アジア 日本航空(JL)
キャセイパシフィック航空(CX)
キャセイドラゴン航空(KA)
マレーシア航空(MH)
スリランカ航空(UL)
中東 カタール航空(QR)
ロイヤルヨルダン航空(RJ)
オセアニア カンタス航空(QF)
ヨーロッパ ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
フィンエアー(AY)
 イベリア航空(IB)
S7航空(S7)
北米 アメリカン航空(AA)
南米 LATAM航空(LA)(JJ)
ランペルー航空(LP)
ランエクアドル航空(XL)
ランアルゼンチン航空(4M)

利用できる航空会社で見ていくと、アフリカ方面が弱いかなという気がします。スタアラだとエチオピア、エジプト、南アフリカの航空会社が参加していますので、比較すると手薄感がありますね。一応、アフリカにも多くの路線を持つカタール航空やBA子会社のCOMAIRはありますが。

ワンワールドで乗りたいおすすめの航空会社

JALを別とすれば、キャセイ・パシフィック、カタールはぜひ旅程に組み込みたいですね。コンコルドルームがあり、大西洋路線の豊富なブリティッシュ・エアウェイズもよいと思います。

わたしが発券した世界一周特典航空券では、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック、カンタス航空、カタール航空を利用する予定です。JALのファーストクラスを組み込むことも考えたのですが、以前、ニューヨークまで往復したので、今回はパスとしました。

【JALファーストクラス搭乗記】成田-ニューヨーク-羽田の食事とサービス

ワンワールド特典航空券に必要なJALマイル数

世界一周に必要なJALマイル数は、旅程の全区間マイルを合計した総距離によって決まります。チャートは次の通り。

総旅程距離 エコノミー ビジネス ファースト
1 – 4,000 25,000 48,000 72,000
4,001 – 8,000 40,000 80,000 100,000
8,001 – 10,000 50,000 85,000 110,000
10,001 – 12,000 60,000 110,000 160,000
12,001 – 14,000 70,000 115,000 165,000
14,001 – 20,000 90,000 120,000 170,000
20,001 – 25,000 120,000 150,000 230,000
25,001 – 29,000 140,000 190,000 280,000
29,001 – 34,000 150,000 200,000 300,000
34,001 – 50,000 160,000 220,000 330,000

1-4,000マイルからチャートは始まりますが、もちろんそんな短距離では世界一周はできません。

日本発着の世界一周特典チケットは14,001〜20,000マイル程度が最低ライン

日本発着で考えると、14,001~20,000マイルの距離が現実的です。これを下回るのは、まともに世界一周しようというなら、ほぼ不可能かと思います。

また、14,001~20,000マイルの距離だとエコノミーとビジネスの差も30,000JALマイルしかないので、ビジネスクラスがコストパフォーマンス的にも優れていると思います。せっかくですから、20,000マイルぎりぎりの旅程を組みたいですね。

JALマイル世界一周ワンワールド特典の定番おすすめルート

20,000マイル以下の最小JALマイルでいけるワンワールド特典の世界一周ルートを考えてみました。

JALマイル世界一周ルート

  • 旅程:東京→香港→ドーハ→フランクフルト→バルセロナ→地上移動→マドリード→ニューヨーク→バンクーバー→東京
  • 総旅程距離:19,952マイル
  • 必要マイル:エコノミー90,000、ビジネス120,000、ファースト170,000

総旅程距離は19,952マイルと、20,000マイルまでわずか48マイルを残すのみです。

世界遺産の宝庫スペイン、バルセロナからマドリードへは、地上移動区間にしてみました。のんびりとアンダルシア地方を回ってもいいですし、時間がなければ、スペイン版新幹線で2時間半~3時間程度の距離です。ヨーロッパでは交通網が発達しているので、いろんなパターンで地上移動を取り入れることができます。

JALマイル・ワンワールド世界一周特典航空券の予約ルール

続いて予約・発券ルールについて詳しく解説したいと思います。すでに述べたように世界一周というくくりがないので、通常のワンワールド特典航空券とルール上の違いはありません。

JALマイル世界一周のルール
  1. 最大8区間までの旅程を組むことが可能
  2. 途中降機(ストップオーバー)は7回まで可能
  3. 地上移動は1回まで可能
  4. 日数制限なし
  5. 片道の発券可能(出発国に戻る必要なし)

順番に説明します。

ルール①最大8区間+地上移動1区間の旅程を組むことが可能

最大で8区間(レグ)の旅程を組むことができます。わたしが実際に発券した世界一周旅程では、ちょうど8区間使いました。ANAの場合は12区間なので、この点ではJALの方が不利ですね。とくに乗り換えが頻発するような短・中距離での移動がやっかいです。

乗り継ぎ(トランジット)も区間数にカウントされる

  • ドーハ→パリ→NY

このような旅程で、パリでは乗継(24時間以内の滞在)するだけであっても、2区間としてカウントされてしまいます。可能な限り、直行便を利用しましょう。

地上移動区間は1回まで可能

地上移動区間とは、たとえば以下のようなルートです。

  • 東京→ロサンゼルス→地上移動→NY→ロンドン→香港→東京

アメリカを西から東へ横断するロサンゼルス→NYの部分を、別途手配する形です。「地上」とは付いていますが、その間は車でも列車でもバスでも、別の航空券を手配してもかまいません。後ほど触れますが、ワンワールド所属のアメリカン航空はビジネス以上のクラスだと極端に取りにくいので、そのような場合には、別途手配してしまうのもひとつの方法です。

地上移動区間は総距離に含まれない

地上移動すると、その間は総旅程距離にカウントされません。うまく活用することで、必要JALマイルを節約できます。保有JALマイルではわずかに足りなかったり、8区間という制限を超えてしまいそうな場合に、一部を別途手配するのは悪くないアイディアです。

少ない区間数でやりくりする

主要空港から離れた観光地に立ち寄りたい場合には、別途有償航空券を手配した方が、少ない区間数を無駄にしないですみます。

たとえば南米エクアドルのガラパゴス諸島。ここは他国からの便はなく、本土のキト(UIO)などから往復するしか行く方法はありません。比較的短い距離を単純往復するだけなので、区間数が足りない場合は、有償手配した方がよいでしょう。

日本国内の移動は2区間まで

日本国内での移動は全旅程を通じて、2区間まで可能です。ただし日本国内での移動も1区間とカウントされてしまうので、その点には注意が必要です。貴重な8区間のうちの1回なので、日本国内で使うべきか、よく考えた方がよいですね。

トート

国内空港から羽田や成田、関空等へ移動する場合、別途手配した方がよいかもしれません。

ルール②途中降機は7回まで

途中降機は全旅程を通じて7回まで可能です。前項で触れた地上移動も、滞在時間にかかわらず、途中降機の1回としてカウントされます。

  • 途中降機(ストップオーバー)・・・24時間以上の滞在
  • 乗り継ぎ(トランジット)・・・24時間以内の滞在

日本発着の場合、日本国内の途中降機は不可

日本を発着する旅程では、国内での途中降機は認められません。たとえば地方空港から東京を経由する場合、東京での24時間を超える滞在はできません。

ルール③片道発券でも予約可能(出発国へ戻る必要なし)

ANAと違い、JALではもともと片道での特典航空券発券が可能なので、ワンワールド特典でも片道利用ができます。

片道でも利用可能なのはフレキシブルですが、一点、出発都市に戻ってしまうと、そこで旅程終了となってしまいますので、気をつけてください。出発国に戻ってから、別の国へ移動することは認められません。

ルール④スターアライアンスとは異なり日数制限はない

ANAマイルおよびスターアライアンス世界一周特典航空券では「最低10日間以上」という日数的な縛りルールが存在します。JALマイルを使った場合は、そのようなものはありません。

トート

理論的には、弾丸に弾丸を重ねて、わずか1日半程度で日本に帰ってくることも可能です

ルール⑤JALマイル世界一周特典の変更・払い戻しについて

世界一周旅程の変更

変更と払い戻しに関して特徴的なのは、旅行開始後もかなり柔軟に変更を受け付けてもらえるという点ですね。とくに電話だと、便が出発していなければ変更対応してもらえます。

旅行開始前 旅行開始後
JALホームページでの予約変更受付期限 第一区間出発(変更前・変更後の旅程のうちいずれか早い方)の48時間前(出発地時間)まで 変更後の旅程の出発の48時間前(出発地時間)、かつ次の便ご搭乗の24時間前(出発地時間)まで
電話での予約変更受付期限 便出発前(変更前・変更後の旅程のうちいずれか早い方)まで 便出発前(変更前・変更後の旅程のうちいずれか早い方)まで
変更条件 特典発行日から1年以内の旅程に変更できます 旅行開始日から1年以内の旅程に変更できます

ただし、一般的な特典航空券と同様、航空会社・区間・クラス・経路の変更、逆方向への変更、異なる特典への変更などは認められません。

払い戻し(キャンセル)

払い戻しは、出発前であれば3,100円(税込)を支払うことで可能です。JALマイルは全額戻ってきます。

トート

変更やキャンセルがほぼ自由というのは、特典航空券の大きな強みですね。通常の有償チケットではこうはいきませんから、ありがたいです

ルール⑤予約開始日時・申し込み期限

予約開始日時は搭乗日の330日前の10:00(日本時間)から受付ています。申し込み期限は、JAL公式サイトと電話とで異なります。まぁこんなぎりぎりで世界一周特典を発券するような人はいないと思いますが…(笑)。

  • JALホームページでの申し込み・・・第一区間出発の48時間前(出発地時間)まで
  • 電話での申し込み・・・第一区間出発の24時間前(出発地時間)まで

予約するには公式ホームページがおすすめ

電話すると発券手数料が発生しますから、JALホームページからの予約がおすすめです。わたしもサイトから申し込み、問題なく予約・発券できました。

ビジネス/ファーストクラスの混在はなるべく避けたほうが良い

一部区間を下位クラスにしても、必要JALマイルは変わりません。ファーストクラスに搭乗するなら、全線ファーストクラスにしたいです。ただ特典の空き具合やファーストクラスを設定している路線の数からいうと、なかなか至難の業なんですけどね。

JALマイル世界一周王道ルート

東京→香港→バンコク→ドーハ→パリ→ロンドン→ニューヨーク→東京

このルートでは、キャセイ・パシフィック、カタール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、JALを組み合わせることで、すべてをファーストクラスで飛ぶことが可能です。もっとも、うまく空席があるかはまた別問題なのですが…。

エコノミー、ビジネス、ファースト、おすすめは?

もちろん自由に選べるならファーストクラスが良いに決まっていますが、必要JALマイルが段違いに多いです。

トート

コストパフォーマンスからいえば、断然ビジネスクラスでの世界一周旅程をおすすめします。

というのは、日本発着の定番ルートがおさまるであろう20,000マイル以下の旅程では、エコノミークラスとビジネスクラスでは、わずか3万JALマイルしか違わないんです。3万マイルでエコノミーからビジネスに全線アップグレードできるなら、利用しない手はないですよね。

空席の数からいっても、ファーストクラスは極めて限られている一方、ビジネスクラスであれば選択肢は豊富です。

ワンワールド世界一周特典のルート:検索方法と予約のコツ

では、ルールに続いて、実際にどのように検索したらよいのか、ルート作りについて解説しましょう。

ANA/スタアラのStar Alliance Book & Flyと同様、ワンワールドにも世界一周のルート作りに便利なツールがあります。それがこちら、oneworld Plan & Bookです。

oneworld plan & book

名前からしてスターアライアンスのものとそっくりですね。どちらも有償の世界一周チケットの公式サイトです。

oneworld Plan & Bookの使い方

画面上部に「ログイン」とありますが、とくに会員登録などはしなくても使えます。まず利用するクラスと人数を選択します。

oneworld世界一周ツール

クラスの混在は選択できません。「Plan & book now」をクリックすると、次の画面に移ります。

世界一周ルート作り

マップ上の都市を選択するか、直接検索して「+」をクリックします。ここでは「Tokyo」を選択しました。これが出発都市になります。

ワンワールド世界一周ツール

すると、東京から飛ぶことのできる都市が次のように表示されます。

  • ■直行便
  • □1回乗り換え
  • ●複数回乗り換え
  • △選択不可

具体的には次のように表示されます。

ワンワールド世界一周検索ツール

この例ではロンドン、パリは東京から■直行便あり。ブリュッセル、アムステルダムは□1回乗り換え。ロッテルダムは●複数回乗り換え、となっています。これを参考にしつつ、ワンワールドで組める旅程なのか、そして何区間必要なのかを確認していきましょう。

このように就航地でも△選択不可になる場合もありますが、ワンワールドの有償大陸制世界一周チケットのルール上選択できないだけなので、JALマイルのワンワールド特典航空券では気にすることはありません。あくまで個別の路線ごとにルートが組めるかどうかだけを確認しましょう。

このようにしてルートを組み終わると、最下部に区間数と経由地の数が表示されます。ただ残念ながら総旅程距離は出てきません。

総旅程距離を計算するツール

旅程距離を計算するツールはいくつかあるのですが、最終確認する場合にはもちろんJAL公式サイトがよいです。

区間マイル計算ツール

距離制特典区間マイル計算機」というこのツール、出発地と目的地を入れていけば、総旅程距離を出してくれます。区間ごとの入れ替えなどができない点が不便だなと思っていたのですが、空欄があっても問題ないんですね。最近気がつきました(笑)。

3レターコードを覚えている方であれば、「Great Circle Mapper」を使うと早いですね。3レターコードとは羽田の「HND」や成田の「NRT」のように、各空港を3文字で表したものです。

great circle mapper

3レターコードをつなげて入力すると、地図上にルートを表示してくれます。地上移動区間は「,」で区切りましょう。

さらに距離もこのように出してくれます。ただJALサイトの距離とは若干異なることもあるので、最終的な確認はJALでするとよいでしょう。

JAL公式サイトで空席検索する(デスクへの電話不要!)

ルートが決まったら、ワンワールド特典のページでルートごとに空席状態を検索していきます。

JALマイルワンワールド検索

これはもう時の運といいますか、空いているところを地道に探していくしかありません。相当な時間がかかると思いますし、空席が見つからなければルートを変更する必要もあるでしょう。大変ですが、これでもJALのページからできるようになっただけでも、以前よりはだいぶ楽なんですけどね。

トート

以前はカンタスやBAなどのサイトで空席検索をし、電話予約する方法しかありませんでした。

実際にJALマイル世界一周特典チケットを予約して感じたコツと裏技

カタール航空ファーストクラスは新規就航路線が狙い目

jal世界一周

カタール航空のA380ファーストクラスも乗ってみたくていろいろと検索したのですが、一年先の日付でも、ほとんど空いていませんでした。ただドーハ→フランクフルトはA380が就航したばかりなので、豊富な座席数が空いており、ラッキーでした。しかも1Aを抑えることができました。

キャセイ・パシフィックのファーストクラスは経由便が予約しやすい?

以前から、JALの特典空席検索だとキャセイに関しては本来空席がある(ブリティッシュエアウェイズなど他ワンワールド加盟社のサイトでは空席が確認できる)にもかかわらず、表示されないケースが確認されています。

JALマイル・キャセイのファーストクラス

最終区間の「シンガポール→香港→東京」ですが、キャセイのファーストクラスは単純な「香港→東京」ではほぼ出てきませんでした。シンガポール発・香港経由にした方が、格段にファーストクラスが表示されやすかったです。

北米内はアメリカン航空ではなくワンワールドの以遠権も視野に

アメリカ国内便は、ふつうに考えればアメリカン航空の便を使いたいところですが、国際線並みのクオリティのファーストクラスはありませんし、座席数はかなりシビアです。そこで、以遠権を持つ他国便の利用価値が高いです。具体的にはカンタス航空やキャセイなど。

カンタス航空の北米便 NYとLAを往復

JALマイルカンタス航空

ニューヨークとロサンゼルスを往復しています。本当は、この区間はオーストラリア発着便の乗客しか買ってはいけない取り決めらしく、カンタスはアメリカ政府から怒られたりしているのですが(笑)、いまだにJALマイルで取ることが可能です。

キャセイパシフィック航空 バンクーバーとNYを往復

キャセイ北米路線

キャセイ・パシフィックはニューヨークとカナダのバンクーバーを結んでいます。今、適当に検索したらファーストクラスもありました。北米区間だとビジネス以下しか取れないというイメージがあるので、この区間をファーストにできるのはいいですね。

トート

こうしたコツを活かしつつ、うまくルートを組んでみてください

まとめ JALマイルで行くワンワールド世界一周!

JALマイルとANAマイル、両方貯めている方が増えてきたように思います。それぞれのマイレージ・プログラムで行く世界一周特典は、かなり特徴やルールが違うので、今回の記事が参考になったら嬉しいです。

トート

JALマイルの使い方を迷っている方は、あと少しマイルを足して、いっそ世界一周してみては? トート(TwitterInstagramFacebook)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です