読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルで100の世界遺産!旅行記

毎年30万ANAマイルを貯めて、100カ所以上の世界遺産を訪れたトートの旅行情報ブログ

最近の人気記事 Top 5

【シンガポール観光1】チャンギ空港で旅行者用SIMカード売切れ!

旅行記 旅行記-シンガポール SFC修行

書きかけの旅行記がどんどん増えていくトートです、こんにちは。SFC修行の第一回・シンガポール旅行記をお届けしたいと思います。とはいえ日本出発からチャンギ空港到着までは、すでにこちらの記事でレポート済です。

 


シンガポール旅行者向けSIMカード・Singtel『hi! Tourist』

 

シンガポール・チャンギ空港に到着してからの第一ミッションは、旅行者向けSIMカードを購入することでした。こちら。

 

シンガポールSIMカード

 

 

 

「 hi! Tourist」 公式ページ

 

 

$15

(5日間)

$30

(10日間)

$50

(10日間・2人用シェアパック)

データ量

 

4GB

(キャンペーン増量中)

 

14GB

(キャンペーン増量中)

20GB

SNSデータ通信

無料サービス

なし

Facebook, WhatsApp, Line, WeChat

データ通信無料

Facebook, WhatsApp, Line, WeChat

データ通信無料

通話

500分間

3000分間+

3000分間

SMS

100通

5000通

5000通話

国際通話

30分間

90分間

90分間

国際SMS

X

X

X

チャージプラン

$3/日

データローミング

X

X

マレーシア100MB

 

 

売り場

・シンガポール・チャンギ空港

・コンビニ

 セブンイレブン、Cheers

Singtel店舗

Singtel店舗

 

 

 

スペックを見るとなかなか面白いプランとなっています。10日用の30ドルと50ドルのプランは、FacebookやLINEのデータ通信が無料です。嬉しい……とは思うものの、大多数の日本人旅行者はシンガポールに5日以上滞在することはないと思われます(そんなにやることないし笑)。15ドルの4GBプランでも、まずヘビーユーザーではない限り、5日では使い切ることはないでしょう。

 

ふだん日本では月に5~6GB程度使っているわたしの場合、今回の滞在は4日間ですから、4GBあれば十分でした。Twitter/Facebook/Instagram/LINEに加えて、Google Mapを多用しましたが、 3日目の帰国間近の時点で2.59GB余っていました

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、15ドルの hi!Tourist SIM Card を買うのを最需要課題として自らに課していました。ネットがないと死ぬ世代ですから。

 

ところが、入国審査を終えてロビーに出てSIMを扱うSingtelのカウンターに行くと、すべて売り切れていました。到着したときには日付をまたいでいたので、昼間のうちに売れてしまったのでしょうか。

 

念のため、「他に空港内で売っているところないの?」と聞いてみると、Cheersというコンビニを教えてもらったのですが、そちらも旅行者用のカードは売り切れ……どうも他の方の旅行記を見ても、とくに安いほうのツーリストSIMは、空港だと売り切れている場合が多いようです。空港なんだからもう少し潤沢に用意しておいて欲しいものですね。

 

チャンギ空港でキャッシング後にタクシーで市内へ

 

singapore-taxi

▲空港タクシーはメーターなので安心です

 

仕方がないので、いったんチャンギ空港からホテルまで、タクシーで向かいます。

 

と、その前に空港のATMでキャッシング。現金は日本円だけ持っていきました。東南アジアのATMの普及ぶりには目を見張るものがあります。ラオスやミャンマーのような国ですら、コンビニと同じような感覚で、あちこちの街角にATMが設置されています。もはや現金両替のことなど考える必要はないと思います。帰国して早々に繰り上げ返済してしまえば、金利負担もわずかですみます。

 

深夜なのでタクシーを利用しましたが、チャンギ空港から市内までは30分もかかりませんでした。窓から見える商店の看板は漢字が多く、日本人には理解しやすいです。ホテルへ着いたあと、午前1時をまわっていましたが、すぐに出かけて携帯ショップを探します。

 

街中の携帯ショップでSIMカードを無事に購入

 

 

singapore-sim

▲日本語設定のままでもすいすいSIMの設定をしてくれた兄ちゃん

 

さっそくSIMカードを購入し、店員にSIMロックを解除したiPhoneを渡すと、すぐに設定してくれました。英語も日本語も通じませんでしたがなんとかなるものです。インターネッツ万歳! 生き返った! もちろん、旅行者の対応に慣れている空港でSIMカードを入手するのが一番だとは思いますけどね。

 

携帯ショップがどこかわからないという場合には、ホテルのフロントにでも聞きましょう。とはいえあちこちにあるので、街中をぶらぶら歩いていれば、そのうち店舗に行きあたると思います。

 

なお、言うまでもありませんが、SIMロックフリーの端末でなければ、海外のSIMカードは使えません。ドコモ/KDDI/ソフトバンクのロックがかかったままの方は、日本でSIMロックを解除しておきましょう。

 

 

f:id:Tort:20160916232441p:plain

▲これは帰国時に「ハイ!ツーリストSIM」を取り出したときの写真

 

また、現地SIMの使用に備えて、機内でDocomoのSIMカードを抜いておきました。これで万が一にでも海外でデータ通信は発生しないので、いわゆるパケ死は避けられます。安心です。SIMカードを取り出すためのピン、意外と忘れがちなので、気をつけましょう。

 

おすすめ記事