9万円のホテルに無料で泊まる方法!

2018年ハピタス入会キャンペーン 1530円分のポイント貰える!

トート

こんにちは、トートです。ANAマイルを貯めるといえば、欠かすことのできない大定番ポイントサイト、ハピタス陸マイラーの99%が登録していると言っても過言ではないと思います。

そんなハピタスで、2018年3月1日から、期間限定の新規入会キャンペーンが始まったので、ご紹介したいと思います。まだ未登録の方は、この機会をどうぞお見逃しなく!

ハピタス「紹介de1,000ptキャンペーン」

 

ハピタス入会キャンペーン

今回のキャンペーン、「紹介de1,000ポイント」プレゼントという名前です。文字通り、登録すれば1,000円相当のポイントがもらえるという太っ腹キャンペーンです。

さらに認定ブログ限定ポイントで合計1,530ポイント!

ここまではどのサイトから登録してももらえるのですが、幸い、当ブログは「ハピタス認定ブログ」としての認定を受けています。当ブログ経由で登録いただくと、通常の入会ボーナスに加えて、さらに530ポイントが追加で獲得できます。

 

MEMO

当ブログ・・・1,530ポイント

他サイト・・・1,000ポイント

ブログの読者の方にお得な機会を提供できるのは嬉しく思います。

キャンペーン開催期間

2018年3月1日(木)12:00~2018年4月20日(金)23:59

紹介ボーナスがもらえるのは、この期間にハピタスへ登録した方が対象となります。

キャンペーン概要:2つのステップ

キャンペーンを達成するには、2つの条件が決められています。

  1. 紹介する側がキャンペーン登録をすませる
  2. 新規入会した方が、5月31日までに、ハピタス・ポイントを300ポイント以上初回交換する

順番に見ていきたいと思います。

1.紹介する側がキャンペーン登録をすませる

これは簡単で、わたしはすでにキャンペーン登録を済ませたので、ご安心ください。以下のバナーから登録すれば、わたしの紹介経由登録となり、条件①は問題なく満たすことができます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2.ボーナス・ポイントを獲得するには?

1,530ポイントを得るふたつめの条件です。

「2018年5月31日までに、300ポイント以上を一括で交換すること」

これだけです。非常にゆるい条件かと思います。

交換とは?

f:id:Tort:20171218005822j:plain

交換というのは、貯めたハピタスポイントを、Amazonギフト券や現金、ドットマネーなど別サイトのポイント・現金に交換することを指します。

交換期限は2018年5月31日までです。それまでに300ポイント以上を交換ください。

注意
「一括で300ポイント以上」を交換する必要があります。100ポイント+200ポイントのように小分けにしてしまうと、ボーナスが獲得できないので、ご注意くださいね。

トート

ハピタスに登録してみようかな? 陸マイラーを始めてみようかな?という方は、ぜひこの機会をお見逃しのないようにしてください。

ハピタスポイント獲得方法

ところで、300ポイント交換するにしても、その元となるハピタスポイントは、どうしたら貯められるのでしょうか? いきなりサービスを利用するのはハードルが高いと思われるかもしれませんが、無料案件をこなせば、お金もかかりません。パソコン版のページを見てみましょう。

PC版の無料案件の検索方法

f:id:Tort:20160211203049p:plain

登録後に、上部メニュー > サービスでためる > 無料獲得 から検索してみてください。すると、お金がかからず、登録するだけでポイントを獲得できる案件が出てきます。

f:id:Tort:20160915220732p:plain

たとえば、huluの無料登録。登録すると、2週間の無料視聴期間があり、その間に解約しても、きちんとハピタスポイントは付与されます。つまりお金はかかりません。あとはそれを交換すれば、それだけで505+1,530=2,035ポイントが貰えてしまいます。

ハピタス入会キャンペーン-PC版

あるいは、こちらの「じぶん銀行口座開設」。auの作った銀行ですが、ドコモ・ソフトバンク・mvno等の方でも問題なく開設できます。しかも今なら1,500PTがもらえますから、当ブログの特典とあわせれば3,030ハピタス・ポイントになります。

マイレージの元になるハピタス・ポイントを貯めるには:入会の後は何をするべき?

ハピタスをおすすめする理由は、総合的に見て、もっともマイルに直結するポイントサイトだからです。入会手続きを済ませたら、個別の案件をこなして、ポイントをがんがん貯めていきましょう。ハピタスを貯める方法としては、大別すると3パターンに分かれます。

ショッピング

f:id:Tort:20161129224015p:plain

楽天市場やYahoo!ショッピングを代表とする、ネットショッピングです。ハピタス経由でこれらのサイトで買い物をすると、数パーセントがポイントとして戻ってくるんですね。クレジットカードで決済すれば、ポイントの二重取りになりますから嬉しいです。ネットで買い物をする際には、必ず案件がないかチェックした方が良いですよ。

ハピタスで利用できるショッピング・サイトをいくつかあげてみますね。ふだんご利用のサイトもあるのではないでしょうか。ついうっかりすると忘れてしまうのですが、ネットで買い物をするときには、必ずハピタスにはないか検索するようにしましょう。

  • 楽天市場
  • yahooショッピング
  • イトーヨーカドーネット通販
  • イオンネットスーパー
  • ビックカメラ
  • 上新電機
  • ヤマダウェブ
  • マルイウェブ
  • 高島屋オンラインストア
  • マツモトキヨシ
  • dデリバリー
  • ドミノ・ピザ
  • ピザハット
  • カクヤス

クレジットカード

f:id:Tort:20171026003415p:plain

クレジットカード発行は、ポイントサイトの華と言ってもよいと思います。とくに初めて陸マイラー活動を始めた方の場合、初回発行しか対象にならないカードが山のようにありますからね。

トート

たとえば、上記の年会費無料の楽天カード。楽天側のキャンペーンもあわせると、一気に18,100ポイント+新規入会ボーナス1,530=19,630円相当のポイントが獲得できます。

ただ、クレジットカードに関しては、ポイントがたくさんもらえるからと無制限に発行すると、「お金に困っているのでは?」と警戒されて、入会を断られるケースも考えられるため、ご注意ください。月に1〜2枚程度の発行なら問題はありません。クレジットカード審査については、次の記事に詳しいです。

FX案件

FXというとぎょっとする方もいるかもしれません。しかし、FXで儲けようと思わず、ポイントを獲得するのに必要な条件だけをこなせばリスクはほとんどないも同然なんです。抵抗のある方は無理に行う必要はありませんが、実際にわたしが行ったFX取引は以下の記事でご紹介しています。この際はわずか1ドルを買って日本円に戻すだけで、2万円近いポイントがもらえました。

保険相談

みなさま保険には入っていらっしゃるでしょうか? ポイントサイトの案件に、ちょっと変わったものがあります。それは「保険相談」。FP(フィナンシャル・パートナー)などと会って、保険の相談をすると、それだけでマイルが貰えるというものです。

実際に面接を受けなければいけないので、その意味ではハードルが高いのは確かですが、せいぜい1時間といったところです。保険に入らなくても問題ありません。それで数千マイルがもらえるのですから、悪くないですよね。実際に保険で聞きたいことがあったら、確認もできます。わたしが実際に話を聞いた際は、特にその後勧誘があるようなこともなかったので、ご参考まで。

たとえば次のような案件が出ていますね。保険の相談はこれ以外にも本当にたくさんあります。

f:id:Tort:20171026003738p:plain

このふたつだけでも、20,000円以上のポイントになります。もちろんマイルに交換しても良いです。ただ、気をつけていただきたいのは、下の「保険ジャパン」の場合は付与条件が「無料面談&保険契約完了」となっていること。契約が必須となっています。対して、上の「ライフプランと資金調達おまとめ.com」は「無料面談だけ」でポイントがもらえます。保険案件に限らず、ポイントサイトを利用する際には条件をしっかり確認しましょう。

入会キャンペーンは期間限定。大抽選会もお見逃しなく!

今回はさらにハピタス会員全員を対象に、総額250万ポイントも当たる大抽選会も開催中です。こちらの開催期間は、入会キャンペーンと全く一緒の2018年3月1日 12:00 ~ 2018年4月20日 23:59です。その意味でも、入会するには絶好のタイミングですね。

今回の特典をきっかけに登録したら、ご自身の興味やスタイルにあった案件を探して、マイルやポイントをどんどん貯めていきましょう。いつでも飛行機に乗れると、かなり人生の発想が変わりますよ。「たくさんのANAマイル/お小遣いを貯めてみたいな」とお考えの方は、ぜひこの機会をお見逃しなく。

▼ハピタスへの登録はこちらからどうぞ。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です