読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルで100の世界遺産!旅行記

毎年30万ANAマイルを貯めて、100カ所以上の世界遺産を訪れたトートの旅行情報ブログ

最近の人気記事 Top 5

スペイン周遊旅行記(1) 周遊日程・マドリード近郊のクリスマス

2015年12月23日から2016年1月5日まで、個人手配でスペイン旅行に行ってきました。アラブ首長国連邦のドバイを経由し、マドリードでクリスマス、バルセロナで大晦日を迎えました。ちょうど2週間の旅行です。

 

スペインを訪れるのはこれで4回目だったのですが、これまでは地中海のマヨルカ島に滞在したり、アルヘシラスからジブラルタル海峡を船で渡ってアフリカ・モロッコを訪れたり(野生のイルカに出会って喜んだのもつかの間、荒波に酔って戻したのも良い思い出です……この話はまたいずれ)と、あまりスペイン本土は見てこなかったので、今回の旅行であらためて周遊しようと思ったのです。旅程はこちら。

 

f:id:Tort:20160207000752p:plain 

 

12/23 羽田→ドバイ→マドリード着

12/24 マドリード→セゴビア泊

12/25 セゴビア→トレド泊

12/26 トレド→マドリード泊

12/27 マドリード→コルドバ→セビリア泊

12/28 セビリア→ロンダ泊

12/29 ロンダ→グラナダ泊

12/30 グラナダ泊

12/31 グラナダ→バルセロナ泊

1/1 バルセロナ泊

1/2 バルセロナ泊

1/3 バルセロナ発→ドバイ

1/4 ドバイ観光

1/5 ドバイ→成田着

 

まずは出発前の準備について書こうと思います。

エミレーツ航空

 

年末年始によく海外へ行くのですが、大抵は貯まったマイルでANA系スターアライアンスのビジネスクラスを利用するところを、今回は行き帰りともにUAE・ドバイ経由のエミレーツ航空を利用しました。

 

▼マイルの貯め方はこちらの記事で。

 

今回エミレーツを利用した理由は、次の4つ。

 

  1. ANAの直行便がないので貯めたマイルが利用できない
  2. そもそもスペインには日本からの直行便がないので、どこかで乗り換えしなければならない。UAEはだいたい中間地点にあたるので適当かと思いました(追記:2016年秋からイベリア航空の成田-マドリード直行便が復活するようです→記事書きました) 
  3. 潤沢なオイルマネーを利用した経営と設備で評価の高いエミレーツ航空に乗ってみたかった
  4. トランジットでもドバイ観光ができることがわかったため

 

航空券を自分で買う場合には、言うまでもなく、ネットの格安航空券サイトをいくつかあたって、数日間にわたりチェックします(価格の変動があるため)。重視するのは第一に値段ですが、その次は何と言っても現地の滞在時間です。同日に日本を出発する便でも、可能な限り現地に早く到着する便が良いですね。今回見つけたフライトチケットは次の便。意外にもJTBのネット販売が一番安かったです。以前は格安航空券の旅行代理店といえばHISというイメージでしたが、ネット販売の急増にともなってJTBはじめ、各大手もネットへの対応を押し進めているのでしょうね。

 

www.jtb.co.jp

 

 

出発便

12/23 0:30 羽田発 - 同日7:20 ドバイ着

12/23 14:20 ドバイ発 - 同日19:40 マドリード着

 

帰国便

1/3 22:05 バルセロナ発 - 1/4 07:50 ドバイ着

1/5 02:55 ドバイ発 - 同日17:20成田着

 

マドリードin バルセロナoutで、価格は約12万円。ハイシーズンであることを考えれば納得のいく値段です。

 

19:40と少し遅い時間ですが、日本を出発した23日中にスペインに着くことができました(時差のおかげでもあります)。他の23日発の便はほとんどが翌24日着だったのですが、結果的にこの便を選んで大正解でした。たとえ午前着の便でも、ホテルで一泊して朝から観光できるのとは時間的、体力的な余裕が全然違いますからね。とくにプラド美術館やアルハンブラ宮殿、サグラダファミリアなどは入場時間とともに朝一で入るのが断然おすすめです。混雑なく、時には貴重な空間を独り占めできますから。

 

ちなみに、個人手配ではなく旅行代理店主催ツアーだと、羽田空港に集合する22日22:00の段階ですでに一日目としてカウントして売っているんですよね~。チェックインして飛行機を待つだけのたった2時間で一日分…アコギというか、なんというか(笑)。

 

f:id:Tort:20160123195039j:plain

 

 

12月23日発も1月5日帰国も、通常の会社のお正月休みより少し日がずれているとは思いますが、この時期は1日でも日をずらせば10万円単位で航空券が安くなるので、可能であれば夏休み等を捨てても、冬休みを長めに取れるようにした方が、満足のいく旅行ができるように思います(もちろんその逆もあり)。またゴールデンウィークなどはExpediaで割引を受ける裏技があるのですが、さすがに年末年始には使えませんでした。

 

スペインのクリスマス・お正月と各地のイベント

今回はちょうどクリスマスシーズン・年末年始にかかるため、商店や観光名所、美術館等が閉鎖してしまうことを一番懸念していました。次回からの旅行記では実際に現地ではどうだったか、その辺を書いていこうと思います。

 

f:id:Tort:20160123195037j:plain

 

旅行の日程が決まったら、私がまず行うのは、その期間に現地でやっている生のイベントを調べることです。現地でそのときしか観ることのできないお祭りやコンサート、ショー、ライブ、イベント。旅行の醍醐味ですよね。とくに今回は年末年始のホリデーシーズンだったので、いろいろなイベントが見つかりました。その中で、実際に行程に入れたのは次のもの。

 

  • セゴビアで12月25日に行われる七面鳥レース
  • コルドバの王立厩舎で行われる馬術ショー
  • マドリード、バルセロナをはじめ各都市で開かれるクリスマスマーケット
  • グラナダ、アルハンブラ宮殿と市街見学セット
  • 1月1日にバルセロナのカタルニア音楽堂で上演されるフラメンコ・ショー
  • 1月4日、ドバイでの砂漠ドライブツアー

 

ちなみに、上記のほとんどのものがネットで事前予約できました。サグラダ・ファミリアをはじめとした観光名所も含めて、当日券はかなり並んだり、売り切れるケースも多いので、事前の予約はおすすめです。価格も少し割り引かれることも多いです。この辺も旅行記では詳しく書こうと思います。

 

RENFEの予約・スペイン国内交通

RENFEことスペイン国鉄の事前予約とクリスマス・年末年始の営業時間についても懸念していました。結果としては心配するほどでもなかったです。かなりの数が動いていました。ただし、セビリアからロンダへの移動にはバスを使ったのですが、このネット予約がなかなかできず、出発一週間前までかかったのでやきもきしました。

 

また、ロンダからグラナダへの列車が、工事の関係で途中でバスに振替輸送になっていました。これが果たしてどういう手順でバスに乗り換え、何時間かかるのか、そもそもバスを見つけられるのかなどかなり不安でした。行ってみれば不思議となんとかなってしまうのですけどね(笑)。

 f:id:Tort:20160122233710j:plain

スペインはまさに世界遺産の宝庫のような国です。それらの素晴らしさについては沢山のブログや書籍が紹介しているので、この旅行記では、主に役に立ちそうな旅行情報に焦点を絞ってまとめていけたらなと思っています。

 

クリスマスのマドリード

クリスマス、クリスマス・イヴといえば日本ではカップルや恋人のもの、あるいは各業界総力を挙げての年末商戦といった感がありますが、ヨーロッパでは、実家に帰って家族や仲間で過ごすものとされています。ちょうど日本のお正月のような位置づけであると考えれば分かりやすいですね。

 

f:id:Tort:20160124185306j:plain

 

私はロンドンに住んでいた経験があるのですが、24日には早々と店じまいをし、25日、26日は休業するという店・レストランは珍しくありませんでした。近年では、欧州ではパリと並んで別格の大規模都市ということもあって営業している店は多いですが、たとえば大英博物館は2015年現在、12月24~26日は閉館となっています。

 

マドリードで一番やりたいこと。日帰りツアー?

 

マドリードinが決まったとき、まず心配だったのはクリスマス・シーズンの過ごし方でした。12月23日の19時にマドリード・バラハス空港へ到着だったので、ホリデー・シーズンまっただ中です。

 

  • 店やレストランは営業してるの?
  • どこでご飯食べたらいいの?
  • スーパーは開いてるの?
  • 美術館や博物館はやってるの?
  • 地下鉄、電車、バスは動いているの?
  • タクシーはつかまるの?
  • サンタクロースは実在するの?

 

などなど、色々心配事はあったのですが、近郊への日帰り旅行や一泊も含めて、マドリード近辺でまずなにを優先したいか考えてみました。

 

  • プラド美術館は絶対行きたい! とくにグレコの作品は絶対見たい!
  • 古都トレドは絶対行きたい! とくにグレコの(ry
  • サン・ミゲル市場に行きたい!
  • できたらソフィア王妃芸術センターでピカソの「ゲルニカ」を見たい

  • クリスマスのイベントやコンサートがあったら行きたい
  • 王宮は、まぁ見れたらでいいかな?

 

好きなんです、エル・グレコ。調べてみると、プラドとグレコ博物館の営業時間はどちらも同じ。

 

プラド美術館の営業時間:24日は14時まで。25日休館、26日通常営業
トレドのエル・グレコ博物館:24日は14時まで。25日休館、26日通常営業

 

その他の観光名所もたいてい似たような感じでした。イギリスでは26日はBoxing Dayという休日なのですが、意外とスペインでは通常営業に戻る傾向が強いのだそうです。そこで24日はプラド美術館で開館から閉館まで過ごし、26日にはトレド観光をすることまでは決めました。問題は25日、クリスマス当日の過ごし方です。さすがにこの日は観光名所はほぼ休み

 

クリスマス・イベントを探す

 

街中の食事も不安で、別の街へ行くよりも大都市マドリードで過ごしたほうがいいのかな?とも思ったのですが、同時に、クリスマスならではのお祭りや催しがどこかにないだろうか?と探してみたら、ローマ時代の水道橋で知られる近郊のセゴビアで、毎年12月25日に奇妙なお祭りが開かれているのを見つけました。

 

www.uniquespain.com

 

その名もTurkey Race=七面鳥レース。なんじゃそりゃ?って感じで、日本語で検索しても一件もヒットしません(笑)。チキン・レースならまだなんとなくイメージできなくもないけど……でもせっかくのお祭りなので行ってみよう!と思い、最終的に、日程は次のように決めました。

 

マドリード近郊へのプランを決定 

 

12/23 マドリード到着

12/24 14時までプラド美術館を鑑賞。セゴビアへ移動。セゴビア泊

12/25 昼過ぎまでセゴビア観光。七面鳥レースを見てから、トレドへ移動。トレド泊

12/26 トレド観光。夜にマドリードへ戻る

12/27 マドリードからコルドバへ移動

 

26日の晩はトレドに泊まるか、マドリードへ戻るか迷ったのですが、翌朝にAVEに乗ることが決まっていたため、夜のうちにマドリードへ戻りました。トレド-マドリード間はRENFE(スペイン国鉄)で30分程度なので、27日朝にトレド→マドリード→コルドバと移動するのも十分可能ではあるのですが、時間の有効活用を考えると、やはり夜にマドリードへ戻って正解だったかなと思います。

 

次回はいよいよスペイン上陸!です。 

おすすめ記事