マイルで100の世界遺産!旅行記

毎年30万ANAマイルを貯めて、100カ所以上の世界遺産を訪れたトートの旅行情報ブログ

最近の人気記事 Top 5

コートヤード台北宿泊記とマリオット無料宿泊サーティフィケートの使い方

マリオットのプロモーション・キャンペーンで獲得できる「無料宿泊サーティフィケート」。カテゴリー1~5までのマリオット・ホテルに、一泊無料で泊まれます。先日、実際に台湾のホテルに泊まってきたので、その使い方と宿泊記をお送りします!

 

マリオット無料宿泊特典

 

無料宿泊サーティフィケートは、マリオットが随時開催しているプロモーションの達成特典として獲得できます。多くの場合、マリオット系列ホテルに「2滞在」することが条件となっています。わたしは入会する際のキャンペーンで獲得しましたが、その後も、マリオットは同じような企画を度々行っています。この記事を書いている2017年秋時点では、次のキャンペーンの報酬になっています。

 

 

無料宿泊・SPGとマリオットの違い

  

無料宿泊といえば、SPGアメックスの特典が有名ですが、それとマリオットの無料宿泊サーティフィケートの違いは、マリオットの場合、カテゴリー1〜5までのホテルでしか使えないという制約があるんです。これのなにが困るかというと、カテゴリー1~5のマリオットホテルは、日本には存在しないんです。はい。がっかりです(笑)。

 

となれば、近隣のアジア諸国で使うのが一番現実的かなと思います。とくにANAマイルを貯めてSFC修行を行なったり、JGC修行中の方にはなかなか使い勝手がよいです。皆さんもおなじみのエリアで、カテゴリーの高いホテルをいくつか選んでみました。

 

  • 韓国 コートヤード・ソウル・タイムズスクエア(カテゴリー4)
  • 台湾 コートヤード・マリオット台北(カテゴリー4)
  • 北京 ルネッサンス北京王府井ホテル(カテゴリー4)
  • 香港 コートヤード香港沙田(カテゴリー3)
  • 上海 上海マリオット・ホテル・リバーサイド(カテゴリー4)
  • タイ ルネッサンス・バンコク・ラッチャプラソーン・ホテル(カテゴリー5)
  • マレーシア・クアラルンプール JWマリオット・ホテル・クアラルンプール(カテゴリー3)
  • シンガポール ルネッサンス・ジョホール・バル・ホテル(カテゴリー2)
  • オーストラリア コートヤード・シドニー・ノース・ライド(カテゴリー5)

 

個人的な感想としては、カテゴリー4~5程度であれば、アジア地域ではそれなりの客室であることが多いように思います。この記事の後半にある、コートヤード台北のレポートを読んでいただければお分りいただけるかもしれません。より高いカテゴリーのニューヨークのホテルでがっかりした経験もありますしね……。

 

マリオット無料宿泊特典の使い方


さて、予約方法ですが、無事にサーティフィケイトを獲得すると、マリオットのサイトではこのように表示されます。「マイアカウント」から確認可能です。

 

f:id:Tort:20171003001244p:plain

 

サーティフィケートが付与されたら、通常通り、宿泊希望日を入れて検索しましょう。その際、「ポイントを利用」にチェックを入れてください。

 

f:id:Tort:20170914003322j:plain


目当てのホテルのページに移ったのち、上記のように、ポイントのみで宿泊できる部屋を選択します。通常はもっとも安いスタンダードルーム(この場合はスーペリアルーム)しかポイントでは選べないのですが、コートヤード台北では、デラックスルームも選択可能でした。当然、デラックスルームを選びます。

 

マリオット無料宿泊特典

すると、このようにEサーティフィケートが利用できる旨、表示されます。あとはそのまま予約手続きを進めましょう。

 

マリオット・サーティフィケート

 

予約を完了すると、自動的にEサーティフィケートがホテル側へ伝達され、無料で宿泊できます。もちろん料金は発生しません。ホテルの予約画面に移れば、該当するサーティフィケートが自動的に表示される、という点が鍵になります。

 

f:id:Tort:20171003001244p:plain

 

実はわたしは上のサーティフィケート付与画面から予約するのだとばかり思いこんで、試行錯誤してもいつまでもたどり着けず、困ってしまったことがありました。単純に通常の予約と同じように進めればよかったんですね!

 

無料宿泊サーティフィケートのもう一ついいところは、宿泊前日までキャンセル可能だということです。日本国内にないのは残念ですが、使い勝手自体はいいですよ。

 

というわけで、今回は実際にカテゴリー4である台湾のコートヤード台北に宿泊してきました。ここからは、その宿泊レポートをお送りしようと思います。

 

台湾・コートヤード台北のアクセスと行き方

 

 

ホテルは、台北の地下鉄MRT板南線(Bannan Line)・南港駅の駅ビルに入っています。場所的には、中山地区や士林夜市があるエリアからは、ちょっと離れています。MRTに乗ってしまえば中心部まで一気に移動できますけどね。台北駅(台北車站)までは15分といったところでしょうか。

 

松山空港からはタクシーを使っても600円程度なので、よほど節約派の方以外は、空港への行き来はタクシー利用をおすすめします。桃園空港利用の場合は、台北市内へのアクセス方法次第かと思います。

 

中心部から東寄りな分、台湾近郊の人気スポット九份・十份・猫の村猴硐には距離的に近いため、時間が短縮できる点は利点としてあげられます。

 

f:id:Tort:20171003004657j:plain

 

f:id:Tort:20171003004710j:plain

 

▲100匹以上の猫がいるパラダイス! 猴硐

 

ホテルは7階がロビーとなっています。建物自体の入り口は、まるちゃんに占拠されていました(笑)。

 

f:id:Tort:20171004220124j:plain

 

B棟を入ってすぐ両脇に、コートヤード台北のチェックインカウンターがある7階へのエレベーターがあります。

 

SPGアメックス効果によりクラブフロアへ無料アップグレード


チェックインはスムーズでした。無料宿泊特典ではあるものの、SPGアメックスを持っていたおかげで、自動的にマリオット・ゴールド会員としての特典を受けることができました。

 

  • 28階・クラブフロアの客室へアップグレード
  • 無料朝食
  • ラウンジ利用

 

ラウンジアクセス付きのエグゼブティブ・ルームに無料で泊まることができました。SPGアメックスは、やはりマリオット系列に泊まる際に威力を発揮しますね。SPG/マリオットのゴールド会員資格について、詳しくは以下の記事をどうぞ。

 

 

では客室を見てみましょう。

 

コートヤード台北 クロブフロア・エグゼクティブルーム客室

 

コートヤード台北

f:id:Tort:20171004220511j:plain

 

広さは42平方メートル。まず十分な広さかと思います。

 

f:id:Tort:20171004220607j:plain

 

部屋のあちこちにミネラル・ウォーターが沢山置いてありました。連日、30度を超えていたのでありがたかったです。他に、フルーツ、パイナップルケーキや月餅など。んー、台北名物とされるパイナップルケーキですが、なんというか、そんなに好きじゃないんですよね。あれって結局「カロリーメイトじゃない?」と言いたくなる時が多くて、はい。

 

f:id:Tort:20171004220803j:plain


カーテンを開けると窓の外には緑が広がっており、よい眺めでした。

 

f:id:Tort:20171004220913j:plain

 

ネスカフェアンバサダー⤴︎的なセットが。ミニバーと言いますか、冷蔵庫の中はお茶と水だけでちょっと寂しかったです。ラウンジに行ってね、ということでしょうか。ご紹介するまでもありませんが、セーフティボックス等は標準装備です。

 

コートヤード台北 浴室

f:id:Tort:20171004221104j:plain

 

f:id:Tort:20171004221129j:plain

 

バスルームは、バスタブとシャワーブースがセパレートのタイプです。邪魔なシャワーカーテンがないので良いですよね。移動するときちょっと困りますが……(笑)。バスローブも2着ありました。

 

f:id:Tort:20171004221215j:plain

 

シャワーブースの横にトイレ。ウォッシュレットはありません。

 

アメニティ

f:id:Tort:20171004221305j:plain

 

何やら重々しく……パカッと開けます。

 

f:id:Tort:20171004221351j:plain

 

マリオットでよく見かけるNIRVAEのアメニティ。NIRVANAっぽいですよね。"Smells Like Teen Spirit"のTeen Spiritってデオドラントの名前だってご存知でしたか? そうそう、歯ブラシもあります←ここ大事!

 

コートヤード台北 エグゼクティブ・ラウンジ

f:id:Tort:20171004221614j:plain

 

f:id:Tort:20171004221650j:plain

 

30階にエグゼクティブ・ラウンジがあります。せっかくの台北なので、外でご飯が食べたかったため、あまり恩恵はありませんでしたが。

 

f:id:Tort:20171004221735j:plain

 

夜9時頃に覗いたところ、それほど人はいませんでした。皆さんお酒をチビチビと飲んでらっしゃいました。

 

コートヤード台北 朝食ブッフェ

f:id:Tort:20171004221919j:plain

f:id:Tort:20171004221939j:plain

f:id:Tort:20171004222009j:plain

 


朝食はなかなか充実していました。定番のコンチネンタル以外にもお寿司・お粥・ソバなど。ソウルフードのベイクド・ビーンズをついつい食べてしまいます。あとはサラダですね。旅行中は、野菜とフルーツが充実している朝食がポイント高いです。自分で具材を選んで焼いてもらうオムレツも楽しさがあります。

 

f:id:Tort:20171004222059j:plain

f:id:Tort:20171004222146j:plain

 

牛乳瓶に入ったパンナコッタが美味しかったです。惜しむらくはもう少しバラエティに富んだフルーツが揃っていたらよかったのになぁ、と思いました。マンゴーやマンゴスチン・ロンガンなどなど。

 

まとめ

 

マリオットの各種キャンペーンで獲得できる無料宿泊特典。使い方がお分りいただけたでしょうか? 日本国内には対象ホテルがないというのは非常に残念ですが、週末にでも、さらっとプチ旅行ができる近郊諸国で使う分にはぴったりだと思いました。

 

また、特典での無料宿泊にも関わらず、「エグゼクティブフロアへのアップグレード・ラウンジの利用・無料の朝食」がついてきたのはSPGアメックスのおかげなので、今回も発行して良かった!と思いました。ありがたいことです。

 

台北は小籠包をはじめご飯もおいしく、とても楽しかったです。何と言っても日本から近いのがいいですよね。マリオットとSPGのその他のお得な使い方については、下の関連記事からご覧ください。トート(@Tort_100)でした!

 

SPG・マリオット関連記事