マイルで100の世界遺産!旅行記

毎年30万ANAマイルを貯めて、100カ所以上の世界遺産を訪れたトートの旅行情報ブログ

最近の人気記事 Top 5

【JALマイル特典の使い方】格安でエミレーツ・ファーストクラスの旅!

前回、「大量JALマイルを貯める方法」をお送りしたのですが、今まで「ANAだANAだ全日空だ」とANA一辺倒だったブログがいきなり「JALマイル王におれはなる!」と言い始めたので(言ってない)、どうしちゃったんだろう、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

直接的な理由としては、年間40万マイルを超えてANAを貯めてもさすがに消化しきれないので別のエアライン/アライアンスに振ろうと思ったわけなのですが、JALを選んだのにはもうひとつ、ある目的がありました。

 

今回は、わたしがなぜJALマイルを貯めることにしたのか?について書いてみようと思います。

 

f:id:Tort:20161025005708j:plain

 

 

お得なJALマイルの使い方:エミレーツ航空ファーストクラス

 

結論からいうと、JALマイルを利用してエミレーツ航空のファーストクラス発券を狙っています。エミレーツといえば中東御三家の一角で、わたしもスペインへ旅行した際に利用したのですが、トランジットの際にはミールクーポンをくれたりホテルを用意してくれたりと、まぁとにかく大盤振る舞いのエアラインでした。

 

そのファーストクラスといえば、グーグルマップをご覧ください。

 

 

 グーグルマップで機内を見られるという時点で「なんなのそれどういうことなの?」と言ってしまいますが、このきらびやかさはどうですか。もはや別世界。涅槃です。極楽浄土です。隣の席に仏陀とキリストが座っていてもおかしくないレベルです。

 

f:id:Tort:20161025001729j:plain

 ▲機内食

 

f:id:Tort:20161025001422p:plain

▲「能力者たち」の写真ではありません。バーラウンジです

 

ちなみに上のグーグルマップで通路後方に進み、ビジネスクラスを抜けるとバーラウンジがあります。機内に。こちらのブログに写真が豊富にありますので参考にどうぞ。

 


 

エミレーツ航空のスカイワーズマイルを利用するのと違いは?

 

そんなエミレーツ航空のファーストクラスですが、正攻法、つまりエミレーツの会員となってフライトで貯めるのは至難の業です。まぁこれはどこのエアラインでもそうですが、フライトで貯まるマイルは微々たるものです。

 

 

当ブログは上の記事のように陸でマイルを貯める方法を載せていますが、エミレーツ航空の場合、ANAのソラチカやJALのdポイントのような裏技的ルートはないため、これもまた難しいです。2016年に限って言えば、雨金長者が一定数生まれているでしょうから、そうした方にはアメックス・ポイントを移すという手段はありますが、きわめて特殊なケースですよね。

 

具体的に、エミレーツ航空自体のマイルサービス「スカイワーズ・マイル」でファーストクラスを発券するのにいくら必要なのか、見てみましょう。

 

・エミレーツ航空 ニューヨーク-ドバイ ファーストクラス

 片道 136,250スカイワーズ・マイル
 往復 272,500スカイワーズ・マイル

 

A380が就航している路線です。14時間40分間、たっぷりとファーストクラスを堪能できます。エミレーツの本拠地ドバイでは、当然最高級のラウンジを体験できることと思います。

 

しかし、片道でも13万マイル以上が必要ですから、おいそれと発券できるものではありません。ではこれをJALマイルで発券するとどうでしょうか。いずれのアライアンスにも所属していないエミレーツですが、さまざまな航空会社と提携関係を結んでいます。

 

そのなかにJALも含まれており、JALのマイレージを使ってエミレーツのファーストクラスを取ることが可能です。その際、JALマイル数の基準となるのは、出発地から目的地までの総距離です(キロメートルではなくマイルで表される)。チャートは次の通り。

 

総旅程距離

(マイル)

必要

JALマイル数

対象路線例(往復旅程)
1~1,000 60,000  
1,001~2,000 60,000  
2,001~4,000 65,000  
4,001~6,000 90,000  
6,001~8,000 100,000 ドバイ-バンコク/クアラルンプール/シンガポール/香港/パリ/ロンドン
8,001~10,000 100,000 東京(羽田/成田)/大阪(関西)-ドバイ
10,001~12,000 115,000 大阪(関西)-ドバイ-アンマン
12,001~14,000 135,000

東京(羽田/成田)-ドバイ-アンマン

東京(羽田/成田)/大阪(関西)-ドバイ-カイロ

大阪(関西)-ドバイ-ナイロビ、ドバイ-ニューヨーク

14,001~20,000 155,000

東京(羽田/成田)-ドバイ-ナイロビ

東京(羽田/成田)/大阪(関西)-ドバイ-ローマ/ミラノ/ロンドン/マドリード/ヨハネスブルク

20,001~25,000 200,000  
25,001~29,000 250,000  
29,001~34,000 290,000  
34,001~50,000 330,000  

 

NY-ドバイ往復は13,706マイルの旅程となりますから、135,000JALマイルで発券できてしまいます。しかも、これは往復のマイル数です。もう一度、エミレーツ航空自身でファーストクラスを発券した場合のマイル数と比較してみます。


・エミレーツ航空スカイワーズ・マイル利用
 片道 136,250マイル
 往復 272,500マイル

 

・JALマイル利用
 往復 135,000マイル

 

エミレーツの半額です。お得すぎてわけがわかりません。いいんでしょうか。

 

エミレーツ航空利用時のJALマイル単価はいくら?

 

上記ニューヨーク-ドバイ路線のJALマイル単価を出してみましょう。

 

f:id:Tort:20161025002619p:plain

 

49160AED=1,390,892円
マイル単価=1,390,892÷135,000=10.3

 

さすがですね、マイル単価は二桁に達しています。余談ですがドバイ-NYのファーストって意外と安いんですね。ANAやJALだと10時間超のファーストクラス席は200万円前後にせまることも珍しくありませんので、約140万円程度なら「あらお安い。おひとついただくわ」と言いたくなってしまいます。言うだけはただなので。

 

発券時の諸条件

 

JALマイルを使ってエミレーツ航空特典を発券するには、いくつかルールが決まっています。

  

  • 一回の旅程には最高6レグを組み込める
  • 一回の旅程で最高3回の途中降機(ストップオーバー)が認められる
  • 一回の旅程で同一都市は3回まで利用可能
  • 一回の旅程でオープンジョーは一度認められる
  • 有効期限は特典航空券発行日から一年間
  • 予約は搭乗日の前日から数えて330日前の10:00より受付

参照:JALマイレージバンク - JMB提携航空会社特典航空券

 

エミレーツ特典を発券する際は、JALデスクへ電話して手配する形となります。ネットでできないのは不便ですが、オペレーターさんの方が空席状況を閲覧する権限が強いので、ある程度おまかせした方が結果的には早いようです。また、ワンワールドに加盟しているJALですが、その他の加盟航空会社とエミレーツ航空を組み合わせて発券することはできません。エミレーツとJALを同一旅程に組み込むことは可能です。

 

空飛ぶホテル・エアバスA380のファーストクラス

 

エミレーツといえばA380の代名詞的なイメージがありますが、日本発着のエミレーツ航空便にはA380がありません。ちょっと残念ですね。アジア地域でA380が運用されている路線と旅程マイルをまとめてみました。日本から利用するならソウルや台北がお手軽ですね。

 

  • 1,049マイル 香港-バンコク
  • 1,198マイル ドバイ-ムンバイ
  • 3,050マイル ドバイ-バンコク
  • 3,448マイル ドバイ-クアラルンプール
  • 3,628マイル ドバイ-広州
  • 3,639マイル ドバイ-北京
  • 3,633マイル ドバイ-シンガポール
  • 3,684マイル ドバイ-香港
  • 4,000マイル ドバイ-上海
  • 4,105マイル ドバイ-台北
  • 4,223マイル ドバイ-ソウル

 

どうせ海外発券をするなら、バンコクを発着地として、いっそ全路線A380ファーストクラスで飛ぶ、このような黄金ルートはどうでしょうか。

 

f:id:Tort:20161025210016j:plain

 

  1. バンコク→ドバイ(トランジット)
  2. ドバイ→ミラノ(ストップオーバー)
  3. ミラノ→ニューヨーク(目的地)
  4. ニューヨーク→ドバイ(ストップオーバー)
  5. ドバイ→バンコク

 

f:id:Tort:20161025210302p:plain

 

総旅程 19,841マイル
必要JALマイル 155,000マイル

 

このプランの肝は、総旅程20,000マイルをギリギリのところで下回ることによって、必要マイルを押さえたルートとなっている点です。ちなみに同ルートはビジネスクラスの場合は100,000JALマイルで利用できます。こちらもとてもお得だと思います。もちろん、バンコクまではJAL便を利用するのもありですね。

 

ストップオーバーとトランジットの違いとは?

 

紛らわしいのですが、ある都市で24時間以上滞在すると途中降機(ストップオーバー)、24時間以下なら乗り継ぎ(トランジット)となります。ストップオーバー可のチケットであれば、数日間滞在することも可能なので、一度に複数の都市を旅行することができます。嬉しい制度ですね。トランジットは英語だとlayoverと表現することもあります。

 

エミレーツ航空のルート・空席検索と今後の予定

 

JALマイルを利用したエミレーツ航空の発券に関しては情報が錯綜しているところもあり、どちらかというと海外サイトの方が詳しいのですが、いずれにしても、エミレーツ航空の特典空席を調べる際には、以下のサイトで検索をする方法が推奨されています。

 

アラスカ航空
カタール航空(マイル会員登録が必要)
Award Nexux(マイル特典に特化した検索サービス)

 

わたしの場合、来年の6月頃にならないと16万JALマイルは貯まらないので、その間にいろいろと調べておこうと思っているのですが、今回はひとまず、JALを貯め始めた動機と言うか、お得な使い方をご紹介してみました。レギュレーションやサーチャージに関してはまだ勉強している部分も多いです。

 

実は上記のアラスカ航空でもエミレーツを利用する際、JALのように大幅に少ないマイル数で発券できたのですが、2015年に改悪されてしまいました(しかも予告なしで!)。マイルは改悪との戦いとは言いますが、せめてもう数年はこのJAL/エミレーツの特典が続くことを望みたいものです。

 

実際にJALマイルが十分に貯まったら、予約の諸手続きから発券までその都度レポートできればと思います。

 

おすすめ記事