読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルで100の世界遺産!旅行記

毎年30万ANAマイルを貯めて、100カ所以上の世界遺産を訪れたトートの旅行情報ブログ

最近の人気記事 Top 5

ハピタス→ドットマネーは名義変更でき有効期限も延長可能!

30万ANAマイルの貯め方 30万ANAマイルの貯め方-基礎編 noads

先月の終わりに、ハピタスからドットマネーへの交換ルートが開通しました。これは陸マイラーにとって、いろんな意味で嬉しいニュースです。

 

f:id:Tort:20160804220912j:plain

 

 

 

.moneyを使うメリットとは 


ハピタス→Pex(交換手数料50円)→メトロポイント→ANAマイル

 

このおなじみのソラチカルートに、次の経路が加わったわけですね。

 

ハピタス→ドットマネー(交換手数料なし)→メトロポイント→ANAマイル

 

注目するべきは、Pexで毎回発生していた50円相当の手数料が、ドットマネールートでは存在しない点です。これにより、ごくごくごくごくわずかですが(笑)、交換レートが上昇します。ソラチカルートを使う陸マイラーにとって、もはやPexを使う意味は消滅したと言っていいでしょう。今までありがとうPex、さよなら僕らのPex……。とは言っても、選択肢を増やす上でもPexにも頑張ってほしいんですけどね。

 

また、手数料を抜きにしても、ドットマネーを優先的に使うメリットがあります。頻繁に交換レートUPキャンペーンが行われるからです。たとえば現在は次のキャンペーンが開催中です。

 

f:id:Tort:20160804213924j:plain


ハピタスからの移行、JALやdポイントへの移行などが、それぞれ期間限定ではありますが、ポイントアップしています。Pexではこのようなキャンペーンはほとんど見かけたことがありませんから、積極的に利用していきたいですよね。

 

ドットマネー・ギフトコード

 

さらに、ハピタス→ドットマネーへの移行がギフトコードを介して行われることが、本日確認できました。ハピタスから30,000ポイントの移行を申し込むと、約3営業日後に次のようなメールが届きます。

 

f:id:Tort:20160804214803j:plain

 

こちらに記載された16桁の数字がドットマネーのギフトコードになります。ちょうどAmazonギフトコードと同じような感じですね。

 

f:id:Tort:20160804215111j:plain

 

このコードをドットマネー側で入力すると、ポイントが付与されます。一見すると、コードの入力が必要なので「めんどくさいなぁ、自動でつけといてくれればいいのに」と感じられるかもしれません。しかし、これには絶大なメリットがあります。

 

ポイントの名義変更が可能に

このギフトコードは、Amazonギフトコードと一緒で、誰が使ってもかまいません。つまり名義を超えて、ハピタスポイントを移行できるのです。本来、ポイントサイトでの名義変更は御法度とされているケースがほとんどです。

 

ご夫婦や親子で陸マイラー活動をしている方も多いと思います。その際、マイルをまとめて使用するにはANAカードファミリーマイルを利用するしかなかったのですが、ドットマネーギフトコードを介せば、とくに手続きをすることもなく、ひとりのANAマイル口座にポイントを集約することが可能です。

 

あるいは、ハピタスの移行上限により毎月余ってしまう1万ポイントを現金化していた方も、ひとつの銀行口座にまとめることが可能となりました。ドットマネーではTポイント・ルートも使用可能ですが、もちろんそちらで合算することもできます。このように、さまざまな利用法が考えられるのですね。

 

ドットマネーのデメリット:短い有効期限

 

さて、そんなオールマイティなドットマネーにも、ひとつ弱点があります。それは、ポイントの有効期限が短く、わずか半年しかないということ。Pexの場合は、ログインさえすれば有効期限が12ヶ月延長されるので、実質存在しないも同然です。メトロポイントが渋滞を起こしているときなど、Pexにいったん貯めておく技が有効でした。しかし半年しかもたないとなると、うっかり期限切れしないとも限りません。

 

そこでこのギフトコードというシステムが再び生きてきます。ドットマネーの利用規約には次の表記があります。

 

※ドットマネーギフトコードの有効期限は、発行より最長2年間となります。

 

ではハピタス経由のドットマネーはいつ発行されたものなのか。メールに有効期限の記載があります。もう一度見てみましょう。

 

f:id:Tort:20160804214803j:plain

 

2年後の2018年8月末日まで有効期限があります。それまでに交換すればよいので、直接ハピタス→ドットマネーと交換したときとくらべて、最大で2年間も期限を延ばすことができます。今月分の最終有効期限は、2年+半年で、2019年2月ということになりますね。必要なときに必要な分だけ交換するようにすれば、期限切れのリスクをかなり回避できます。

 

ハピタスの新対抗馬PONEY

 

この技がとくに有効なのは、ハピタスと並んでめきめきと頭角を現しているPONEYと比較した場合です。破格の好条件のため、今後の陸マイラーブログが推奨するポイントサイトはハピタスとPONEYの2サイトに集約されるだろうと見ているのですが(すでにその兆候は現れていますよね)、その話はこの記事の趣旨とずれるので、またの機会に。

 

PONEY→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイル

 

話題を戻すと、PONEYからドットマネーを使う場合も交換経路自体は変わらないのですが、ハピタスとの大きな違いがあります。PONEYからのポイントは、ギフトコードを介することなく、直接ドットマネー・ポイントが振り込まれてしまうのです。これでは、有効期限の延長はもとより、名義の変更はできません。

 

まとめ

 

どうしても渋滞が起きてしまいがちなソラチカルート。基本的には、従来通りの使い方しかできないPONEY経由のポイントを消化しつつ、ハピタス経由のギフトコードをうまく活用していきましょう。

 

  • 名義
  • ポイントの有効期限

 

この2点において、さらに柔軟性をもって陸マイラーとして活動できるようになります。

 

 

▼ハピタスの登録はこちらからどうぞ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

▼PONEYの登録はこちらからどうぞ(PC、SPで登録先が異なります)。

・PCからご覧の方はこちら

f:id:Tort:20160807121102p:plain

 

・スマートフォンからご覧の方はこちら

f:id:Tort:20160807121102p:plain

 

おすすめ記事