読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルで100の世界遺産!旅行記

毎年30万ANAマイルを貯めて、100カ所以上の世界遺産を訪れたトートの旅行情報ブログ

最近の人気記事 Top 5

1マイル=何円?ANAマイレージクラブのお得な特典交換先と使い方

30万ANAマイルの貯め方 マイル活動

「1マイルの価値は、はたして何円なのか?」

 

みなさんはどう思われますか? これはなかなか答えるのが難しい問題で、さまざまな説や考え方があるのですが、一般的には1.5〜2円として扱われることが多いです。そして、この1マイルがもつ価値を「マイル単価」と呼びます。マイル単価が高ければ高いほど、マイレージを有効活用していると言えます。

 

f:id:Tort:20160314211543p:plain

 

ANAマイルはiTunesやTポイント、楽天ポイント、Suicaポイントなどと1マイル=1ポイントで交換できます。これらのポイントは現金1円相当で利用できるため、最低でも1マイル=1円の価値があることになります。しかし、これではまったくマイルを有効利用できているとはいえません。

ANAマイレージクラブのもっともお得な特典交換先とは?

馴染みのない方にはややこしい話なのですが、それもこれも、マイルの価値は、使い方次第で変動することが原因なのです。

 

たとえば、1万マイルで1万円相当の特典を利用した場合、マイル単価は1マイル=1円となります。しかし同じ1万マイルで2万円相当の特典を利用すればマイル単価は1マイル=2円となり、2倍もお得にマイルを交換できた、すなわちマイルを有効に使えたことになるわけです。

 

今回は、ANAマイレージクラブの特典をもとに、各種特典のマイル単価を検証してみます。ほかの特典と交換するよりも断然お得な使い方がわかる記事となっています。

 

目次 

 

ANAスカイコインへの交換

とくに、保有しているマイルの有効期限がせまってきた場合、誰しもその使い道に迷うところですよね。ANAマイレージクラブのFAQを見ると、そのような際にはANAスカイコインへの交換をすすめています。まずはここから見ていきましょう。

 

ANAスカイコインは国内・国際線を問わず航空券購入や、ANA経由の旅行ツアー、レンタカー手配等の支払いにつかえます。利用単位は10コイン=10円から。ここだけ読むと、Tポイントなどと変らないように見えますが、マイルからの交換レートが一律ではないため、お得度が変わってきます。

 

f:id:Tort:20160314191426p:plain

 

1万マイル未満を交換するのと、5万マイル以上を交換するのでは、最高で以下のような差が生じます。

 Skyコイン 交換レートマイル単価
1万マイル未満 1マイル=1コイン 1円
5万マイル以上 1マイル=1.7コイン 1.7円


ただ、1.7倍という最高レートになるのは、いわゆる上級会員と呼ばれるANAブロンズサービスメンバー以上なので、あまり現実的とは言えません。SFCカードやANAゴールドカードをお持ちの方は多いでしょうから、そちらを参考にされるとよいでしょう。その場合、最高のマイル単価は1.6円となります。

 

成田空港民間駐車場のクーポン券

10,000マイルで、12,000円分(3,000円×4枚)の成田セントラル観光(成田空港民間駐車場)のクーポン券に交換可能です。 成田空港の駐車場をよく利用される方には嬉しいサービスですね。ただマイル単価はいまひとつです。

 

マイル単価 1.2円

 

お食事券

人気のペニンシュラ東京のランチ/ディナー券(1万ANAマイル)

f:id:Tort:20160314203821p:plain

 

ホテルやレストランでの食事券はいくつか交換先はあるのですが、ここではペニンシュラ東京のランチ・ディナー券を見てみます。昼でも夜でも使えるというのがおもしろいですね。一般にディナーの方が格式が高い(お値段も)とされることが多いですが。こちらや、シャングリ・ラホテルのお食事券はとても好評で、ANA側の想定を超えて月に100組ほどの方が利用されているそうです。ではそのお得度はいかほどでしょう?

 

 

お食事券は一組二名で利用できます。明確に何コースと名前が出ている訳ではないのですが、サンプルメニューから推測するに、プリフィックスディナー相当かと思われます。税込み3,900円、サービス料15%とあわせると、2名分で9,000円。

 

料金 9,000円

マイル単価 0.9円

 

あまり有効な使い方とはいえません。1マイル=1円の最低価値を下回ってしまいました。ただまあ、ホテルでの食事はそれ自体価値のある体験ではあるので、1万マイルの有効期限が迫っているというようなときには、悪くないかもしれません。


特典お食事券の最高峰 ジョエル・ロブション(6万ANAマイル)

f:id:Tort:20160314193059p:plain

 

食事券の場合、ジョエル・ロブションのコースディナー2名分が6万マイルで最高額となります。恵比寿ガーデンプレイスの奥にある例のあそこですね。こちらもどのコースと明記はされていませんが、前菜1品メイン2品というプリフィクスコースということから、こちらに近いのではないかと推測します。

 

f:id:Tort:20160314193038p:plain


料金 68,768円
マイル単価 1.15円

 

これもマイル単価としては低いですが、めったにできない経験であることは間違いありません。その価値があると判断するかどうかは、その人次第ですね。

 

ホテル宿泊プラン(2万ANAマイル〜)

20,000マイレージを超えると、ホテル宿泊券との交換が可能になります。必要マイル数が最も少ないホテルと、最も多いホテルのプランを比較してみます。ただ、みなさんご存知のとおり、ホテルの場合、宿泊するシーズンや曜日によっていちじるしく価格が変動するため、参考程度に見ていただくのがよいと思います。


最低マイル数の宿泊特典プラン オークラガーデンホテル上海(2万マイル)

f:id:Tort:20160314192459p:plain

オークラガーデンホテル上海のデラックスダブルルームシティビューです。2万マイルの宿泊プランとしては、他にヒルトンやプリンスホテルなどがあります。

 

宿泊代金 26,000円
マイル単価 1.3円

 

最高マイル数の宿泊特典プラン ペニンシュラ東京エグゼクティブスイート(10万マイル)

f:id:Tort:20160314193315p:plain

 

宿泊プランの最高峰は100,000マイルです。他にリッツカールトンやKIZASHIなどのスイートルームがあります。今回はペニンシュラ東京のエグゼクティスイートを例に見てみましょう。ちなみに軽食以外はついていません。

 

宿泊代金 149,040円
マイル単価 1.49円


さすがに、これまででもっとも高いマイル単価となり、一般的なマイル価値の下限1.5円に近づいてきました。

 

ANAマイルで車と家を買う!(100万マイルまで利用可能)

f:id:Tort:20160314194847p:plain

 

実際に利用する人いるのでしょうか?(笑) それぞれ、三菱地所とメルセデス・ベンツで購入する際に利用可能です。ただし、一物件/車体につき100万マイル=100万円までの制限があります。


マイル単価 1.0円

 

最高額特典でありながら、マイル単価は1円とかなりがっかりなんです。スーパー出張族で、うなるほどマイレージが貯まっている人にはいいのかもしれません。

 

特典国内航空券と交換

f:id:Tort:20160314204637p:plain

 

特典航空券との交換を見てみましょう。まずは国内線から。ホテルと同様、こちらもシーズンや曜日によって価格の上下動が激しいので、とりあえずの目安と考えてください。東京を起点として、沖縄までの便を例に考えてみましょう。

 

ローシーズン

最安航空券価格はいくらか

旅割をローシーズンに利用すれば、片道約9,000円、往復で約18,000円で沖縄まで往復できます。正規に購入できる価格としてはもっとも安いと言えるでしょう。

 

f:id:Tort:20160314195142p:plain

 

マイル単価

ローシーズンの東京-沖縄往復に必要なマイルは14,000マイル。したがって、マイル単価は次のようになります。


マイル単価 1.28円


かなり安いですね。ただ、1万円以下というのはかなり極端な例で、ローシーズンでもあまり席数はありません。それに、使いづらい時間帯の便が多いです。だからこそ安い訳ですが。

 

レギュラーシーズン

レギュラーシーズンだと安くても片道1.5万円、往復3万円程度はかかります。それを元に計算してみます。マイルは1.8万マイル必要です。


マイル単価 1.66円

 

ここでようやく1.5円を超えました。ここまでくれば、少なくとも損はしない使い方と言えるでしょう。

 

ハイシーズン

2016年は、夏休みど真ん中にあたる8/11〜8/13の間はマイル特典航空券は使えません。8/14から20日までの一週間を見ると、安くても片道25,000円、往復で約5万円はかかります。ハイシーズンの必要マイル数は21,000。この場合のマイル単価を計算してみると、このようになります。

 

マイル単価 2.38円

 

国内線特典航空券に交換するケースでは、1マイル=1.5〜2円という説がおおむね正しいことがわかります。

 

ANAマイレージクラブ・特典別マイル単価リスト

いったんここまでのマイル単価をまとめて表にしました。

 

 マイル単価
ペニンシュラ東京お食事券(1万マイル) 0.9
ANAスカイコイン(1万マイル未満) 1
三菱地所(100万マイルまで) 1
メルセデスベンツ(100万マイル) 1
ジョエル・ロブションお食事券(6万マイル) 1.15
成田空港駐車場券(1万マイル) 1.2
国内線ローシーズン(1.4万マイル) 1.28
オークラガーデンホテル上海(2万マイル) 1.3
ペニンシュラ東京(10万マイル) 1.49
ANAスカイコイン(3万マイル) 1.5
国内線レギュラーシーズン(1.8万マイル) 1.66
ANAスカイコイン(5万マイル以上) 1.7
国内線ハイシーズン(2.1万マイル) 2.38

 

やはり航空券、もしくはANAスカイコインと交換するのが断然お得であることがわかります。ほとんどの人が1年間で貯められるマイルはせいぜい3〜4万マイル程度でしょうから、必要マイル数から言っても、一般的にはこの使い方がもっとも推奨できます。ただし、わたしや当ブログの読者の皆さんのような陸マイラーの場合は、話が別です。

 

国際線特典航空券と交換

f:id:Tort:20160314200253p:plain

 

いよいよ、国際線特典航空券との交換です。この用途でANAマイルを使うことこそ、陸マイラーの醍醐味といえるでしょう。シーズンだけでなく、エコノミー/ビジネス/ファーストというクラスの違いも考慮するため、大幅にマイル価値が変動します。

 

ローシーズンの国際線特典航空券

ANAが就航している路線でもっとも長距離のフライトは、ロンドン直行便になります。ローシーズンにあたる4月の価格を調べてみました。すべて同じ便にしたかったのですが、ビジネスクラスの復路はフランクフルト経由便しかもう空いてませんでした。

 

f:id:Tort:20160314203226p:plain

 

エコノミークラス

総額 152,690円
必要マイル 45,000 
マイル単価 3.39円

 

ビジネスクラス

総額 421,610円
必要マイル 80,000
マイル単価 5.27円

 

ファーストクラス

総額 2,664,470円
必要マイル 165,000
マイル単価 16.14円

 

やはり、国際線特典航空券は今までとは桁違いのマイル単価をたたき出していますね。もっとも非効率な時期であるローシーズンであっても、マイル単価は3円以上です。

 

また、さすがはファーストクラス。マイル単価16.14円と、一気に跳ね上がりました。文字通り桁違いです。マイレージを使うなら、ファーストクラスの利用がもっともお得であるといわれる所以です。

 

レギュラーシーズンの国際特典航空券

続いて、レギュラーシーズンの特典航空券利用を見てみます。これも日本-ロンドン直行往復便で計算しています。ファーストクラスは、実はローシーズンと値段が変わりません。今回の調査では、ハイシーズンでも同じ価格でした。それだけファーストクラスは別格扱いで、高値安定しているということになります。

f:id:Tort:20160314202225p:plain


エコノミークラス

総額 227,690円
必要マイル数 55,000
マイル単価 4.13円

 

ビジネスクラス

総額 657,470円
必要マイル数 90,000
マイル単価 7.30円

 

ファーストクラス

総額 2,664,470円
必要マイル数 165,000
マイル単価 16.1円

 

ハイシーズンの国際線特典航空券

ハイシーズンの各マイル単価も一気にいきます。日付はゴールデンウィークまっただ中に設定しました。

f:id:Tort:20160314202749p:plain

エコノミークラス

総額 316,190円
必要マイル数 60,000
マイル単価 5.26円

 

ビジネスクラス

総額 657,470円
必要マイル数 95,000
マイル単価 6.92円

 

ファーストクラス

総額 2,664,470円
必要マイル数 180,000
マイル単価 14.80円

 

国際線特典航空券・マイル単価一覧

国際線特典航空券に交換した際のマイル単価を表にまとめました。

 

 エコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
ローシーズン 3.39円 5.27円 16.14円
レギュラーシーズン 4.13円 7.3円 16.14円
ハイシーズン 5.26円 6.92円 14.8円

 

フライト運賃は生もの(生もの?)なので、様々な要素で変動するため常にこれが当てはまるわけではありませんが、次のようなことが言えます。

 

  • 国際線ファーストクラスの利用が圧倒的にマイル単価が高く、お得である
  • エコノミークラスは最も非効率とはいえ国内線特典よりマイル単価ははるかに高い)
  • ハイシーズンが必ずしもマイル単価が高いとは限らない
  • とくにファーストクラスの場合、正規価格が安定して高値にあるため、必要マイルの多いハイシーズンにはマイル単価が落ちるケースも発生する

まとめ

1マイルが何円かは、これまで見てきたように、交換先次第で実に0.9〜16.14円と、あまりにばらつきが大きいため結論は出ませんが、少なくとも、国際線航空券使用を前提に考えた場合、一般的な「1マイル=2円」説をはるかに上回るマイル単価となることがわかりました。

 

大事なことは、貯めるとき、また特典と交換するときに、「マイル単価はいくらなのか」をしっかりと把握することです。海外旅行や世界遺産巡りが好きな皆さんは、可能な限り、国際航空券、とくにビジネスやファーストクラスでマイルを利用するようにしましょう。

 

 ただ、現実的に考えると、ファーストクラスの場合は必要マイル数も格段に多いため、通常の旅行であれば、ビジネスクラスの利用が最良の使い道であろうと個人的に思います。定年祝いやハネムーンなどの特別なイベントの際にファーストクラスに乗るのもいいですけどね。人生で何度かそういう機会があっても良いでしょう。

 

f:id:Tort:20160314202351p:plain

 

ちなみに、各シーズンで共通して 2,664,470円という恐ろしい価格設定だったファーストクラスですが、これを購入してもらえるベースマイルは、わずか18,642マイルにすぎません皮肉というかなんというか、われわれ陸マイラーがひと月で手に入れる18,000マイルとほぼ同額なんですね。あらためて、ふだんお届けしている大量マイル獲得法の破壊力がおわかりいただけると思います。

 

おすすめ記事はこちら